コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 治療開発グループ > がん患者病態生理研究分野 > 研究プロジェクト > 抗がん剤によって起こるさまざまな副作用(痛み、しびれ、吐気・嘔吐、心毒性等)の軽減のための新しいアプローチの開発

抗がん剤によって起こるさまざまな副作用(痛み、しびれ、吐気・嘔吐、心毒性等)の軽減のための新しいアプローチの開発

抗がん剤治療においては、がん患者にさまざまな副作用が生じます。その一つ一つに対応すべく新薬開発もしくは薬剤ドラッグのドラッグリポジショニングを行い、がん患者の抗がん剤による副作用の軽減に取り組んでいます。