コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 治療開発グループ > がん患者病態生理研究分野 > 研究プロジェクト > がん悪液質の発症メカニズムの分子レベルでの解明ならびにメカニズムに基づいた悪液質の予防、改善法の開発

がん悪液質の発症メカニズムの分子レベルでの解明ならびにメカニズムに基づいた悪液質の予防、改善法の開発

がん悪液質(Cancer Cachexia)とは

がん悪液質の予防、症状改善のためにはさまざまなアプローチが考えられており、当研究分野でも予防、症状改善のための研究を進めているところです。

食思増進、体重減少の阻止では漢方薬も用いられています(漢方薬研究の項参照)。

がん悪液質に対する予防ならびに症状緩和療法