コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 分子診断・個別化医療開発グループ > エピゲノム解析分野 > 研究プロジェクト > がんなどにおけるDNAメチル化異常の解明

がんなどにおけるDNAメチル化異常の解明

がん細胞には、様々な突然変異とDNAメチル化異常が蓄積していることがわかっている。また、最近は、DNAメチル化異常は、まだがんになっていない組織でも非常に多くの細胞で起きていること、1つのがん細胞の中でも非常に多くの遺伝子に起こっていることなどがわかってきた。

当研究部では、

などについて、どのような遺伝子がDNAメチル化異常を受けるのかを明らかにしてきた。

また、細胞の分化の異常である

についても、特定の遺伝子がDNAメチル化異常により不活化されることを明らかにした。

胃や食道では、何がDNAメチル化異常を引き起こすのかも(ヘリコバクター・ピロリ感染による慢性炎症(ピロリ菌感染によるDNAメチル化異常誘発をご覧ください)や喫煙(喫煙とDNAメチル化異常をご覧ください))明らかにしてきた。