コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 分子診断・個別化医療開発グループ > エピゲノム解析分野 > 研究プロジェクト > DNAメチル化異常を研究する技術開発

DNAメチル化異常を研究する技術開発

DNAメチル化を正確に解析することで、がんの本体を解明したり、正確な診断を行ったりすることができる。DNAメチル化を解析する方法は大きく分けて二通りあり、一つは個別の遺伝子領域を解析する方法(個別の遺伝子領域のDNAメチル化を解析する方法をご覧ください)、もう一つはゲノム網羅的な解析法(ゲノム網羅的なDNAメチル化解析法をご覧ください)である。

我々はゲノム網羅的なDNAメチル化異常の解析法において先駆的な役割を果たしたてきた。1997年にmethylation-sensitive representational difference analysis (MS-RDA)法を開発した(Ushijima et al., 1997 [PubMed](外部リンク)Ushijima and Yamashita, 2009 [PubMed](外部リンク))。その後、様々ながんに応用して数々のDNAメチル化異常を同定してきた(Takai et al., 2001 [PubMed](外部リンク)Kaneda et al., 2002 [PubMed](外部リンク)Miyamoto et al., 2003 [PubMed](外部リンク)Hagihara et al., 2004 [PubMed](外部リンク)Abe et al., 2005 [PubMed](外部リンク)Miyamoto et al., 2005 [PubMed](外部リンク)Furuta et al., 2006 [PubMed](外部リンク))。最近でも、今までのノウハウを活かして、DNAメチル化アレイを用いた解析に大きな改良を加えている(DNAメチル化アレイの結果の定量的解釈の実現をご覧ください)。

DNAメチル化状態そのものに加えて、DNAメチル化状態を変化させる要因の解析も重要である。そのための検出法の開発も行っている(DNAメチル化に影響を与える化学物質を探索する方法の開発をご覧ください)。 個別の遺伝子領域のDNAメチル化を解析する方法の分類

図 個別の遺伝子領域のDNAメチル化を解析する方法の分類

個別の遺伝子領域のDNAメチル化を解析する方法は解析領域の選択柔軟性と定量性からこのように分類できる。我々は赤で囲んだ解析法を主に用いている。