コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 発がん機構研究グループ > 細胞情報学分野 > 研究プロジェクト

研究プロジェクト

細胞情報学分野

連携研究室(益谷グループ)

当研究グループは先端医療開発センターのBNCT医療開発分野と中央病院放射線治療科をはじめとする臨床部門と連携し、放射線腫瘍学の基礎的研究、ポリ(ADP-リボシル化)及びDNA修復応答経路を標的とする研究を進めている。

連携研究室(塩谷グループ)

ヒトのDNA複製は約30億塩基対ものDNAを正確に短時間で合成する必要がありますが、外的・内的要因によるDNA損傷や、DNA複製に伴うエラーは避けることができません。これらの要因によって生じる正常細胞におけるがん遺伝子の活性化やがん抑制遺伝子の不活性化は異常な細胞増殖にともなうDNA複製ストレスを誘発します。DNA複製ストレスはさらなる複製エラーを促進しゲノム不安定性の要因となります。DNA複製ストレス応答機構はゲノム不安定性を抑制し細胞のがん化を防ぐバリアとして働くとされていますが、これと相反することにDNA複製ストレス抵抗性は正常細胞のがん化に要求されることが明らかとなってきました。またDNA複製ストレス応答はがん化学療法に汎用されるDNA損傷性抗がん剤(プラチナ製剤等)に対して抵抗性を示す要因となります。我々のグループでは、がんの発生過程及びがん細胞の性質に深く関与するDNA複製ストレス応答機構に着目し、がんの本態解明およびそれに基づく新たな治療戦略の開発を目指した研究に取り組んでいます。当グループの研究に興味を持ち熱い気持ちを持って取り組める大学生・大学院生を募集しています。お気軽にお問い合わせください。

  • DNA複製ストレス応答因子ATRの特異的基質の網羅的同定及び機能解析
  • 複製ストレスによるゲノム不安定性誘発機構の解明
  • DNA複製ストレス抵抗性を標的としたがん治療法の開発

連携研究室(増田グループ)

がん治療薬とバイオマーカーの開発

大腸がんで恒常的な活性化がみられるWntシグナルの制御に必須であるTNIKキナーゼを標的とした大腸がん治療薬の研究・開発を行っている。また、タンパク質のリン酸化を網羅的かつhigh-throughputに解析する逆相タンパクアレイ基盤を確立し、本基盤及び次世代シークエンサー等を用いたゲノム・トランスクリプトーム解析より得られるデータを統合し、新たな治療標的の探索、個別化医療に有用なコンパニオンマーカーの探索・開発を行っている。