コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 分子診断・個別化医療開発グループ > ゲノム生物学研究分野

ゲノム生物学研究分野

トップイメージ

ゲノム情報を利用した生物学研究が、がんの医療を変えつつあります。ゲノム生物学研究分野では、「がん細胞やがん罹患者のゲノムを把握し、その生物学的意義・特徴を明らかにすることで、個別化医療を実現するためのがんの予防・診断・治療の標的となるシーズ(種)を同定する」ことを目的としています。
がん細胞は、正常細胞にはないゲノムの異常、つまり体細胞変異を獲得しています。例えば、日本人の肺腺がんではがん遺伝子EGFRの変異が30-50%に見られます。このようながんを持つ患者さんにはゲフィチニブ/エルロチニブというEGFRタンパク質に対する分子標的薬が著効します。私たちはRETキナーゼ遺伝子の融合が肺腺がんの2%に存在することを発見し、RETタンパク質のキナーゼに対する阻害剤を用いた肺がん治療法の探索を進めています。

画像1

がん細胞ではがん遺伝子の活性化だけではなく、染色体/クロマチンを制御する遺伝子の失活が高頻度に生じています。例えば、最も悪性度の高い肺がんである肺小細胞がんの全ゲノム解読では、染色体を構成するヒストンタンパク質をアセチル化するCREBBP/CBP遺伝子の失活変異が明らかになりました。

しかしながら、このような遺伝子異常を持つがんを効率よく治療する方法はありません。私たちは、CBPやBRG1などのクロマチン制御遺伝子の失活変異を持つがんを選択的に殺す新しい治療戦略(合成致死治療)を提唱しています。

 図2

ゲノム配列には個人差があり、血液型やHLA型に代表されるような遺伝子多型が存在します。私たちは、アジア人に多いEGFR遺伝子変異陽性の肺腺がんへのなりやすさに、HLA-DPB1遺伝子型などの個人差が関係することを突き止めています。このような遺伝子の情報を用いることで、肺がん高危険度群を把握し、予防・早期発見することが可能になると考えます。

図3

がん研究センター病院、社会と健康研究センター、がん情報センター等のスタッフと協力し、肺がん、婦人科がんを対象に以下の研究を進めています。

臨床の先生方へ

ゲノム解析・がん診療シーズの同定に興味のある先生方、独特・稀ながん発症例(若年発症肺がん、GGO多発例等)・治療著効例・重篤な副作用例を受けもたれた先生方、共同研究、ポスドク・外来研究員等の人材派遣を歓迎いたします。河野(tkkohno●ncc.go.jp(●を@に置き換えてください))までご連絡いただけますと幸いです。

基礎医学研究に興味のある方へ

医療を変えるような研究に挑戦しませんか。ポスドク、研修生・外来研究員・リサーチレジデント(外部リンク)の応募をご希望の大学生・大学院生・臨床医の方は、河野(tkkohno●ncc.go.jp(●を@に置き換えてください))にお問い合わせください。また、研究補助員として、研究経験のある主婦の方等も歓迎します。」