コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 分子標的研究グループ > 造血器腫瘍研究分野

造血器腫瘍研究分野

zouketsuki

研究室の紹介

がん研究の進展によりその治療法は大きく進歩したが、再発後の予後は依然として不良である。がん再発の原因は治療後にがん幹細胞が残存するためであると考えられ、がん根治のためにはがん幹細胞を根絶することが必須である。造血器腫瘍研究分野では、急性骨髄性白血病を中心に、がん組織、特にがん幹細胞の維持に必須なエピゲノム制御や代謝制御の分子メカニズムを解明し、それらを標的とした新規治療法の開発を進めている。