コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 新領域創成プロジェクトグループ > がん分子修飾制御学分野

がん分子修飾制御学分野

トップイメージ

研究室の紹介

研究01
      

近年細胞のがん化過程において、タンパク質修飾や核酸修飾など分子修飾異常が重要な働きをしていることが報告されており、異常修飾を司る酵素群は、重要ながん治療標的と考えられている。我々は世界に先駆けて、ヒストンタンパク質メチル化異常の発がんにおける分子メカニズムを発表して以来 (Hamamoto et al., Nature Cell Biology, 6, 731-740 [2004])、一貫してヒトがんにおけるタンパク質メチル化異常の役割に関する研究を行ってきた。その結果、がんの治療標的として重要な複数のタンパク質メチル化酵素及び脱メチル化酵素を同定した(Hamamoto et al., Nature Reviews Cancer, 15, 110 - 124 [2015])。がん分子修飾制御学分野においては、タンパク質のメチル化を中心とした、がん組織における異常分子修飾機構の解明に取り組み、その知見を基にがんに対する新規の分子標的治療法を開発し、早期臨床応用への展開を目指すことを所掌としている。

参考文献

  1. Ryuji Hamamoto, Vassiliki Saloura, Yusuke Nakamura: Critical roles of non-histone protein lysine methylation in human tumorigenesis. Nature Reviews Cancer, 15 (2), 110-124 (2015)[PubMed](外部サイトにリンクします。)
  2. Ryuji Hamamoto, Yoichi Furukawa, Masashi Morita, Yumiko Iimura, Fabio Pittella Silva, Meihua Li, Ryuichiro Yagyu, Yusuke Nakamura: SMYD3 encodes a histone methyltransferase involved in the proliferation of cancer cells. Nature Cell Biology, 6 (8), 731-740 (2004)[PubMed](外部サイトにリンクします。)
  3. Kenbun Sone, Lianhua Piao, Makoto Nakakido, Koji Ueda, Yataro Daigo, Thomas Jenuwein, Yusuke Nakamura, Ryuji Hamamoto: Critical role of lysine 134 methylation on histone H2AX for γ-H2AX production and DNA repair. Nature Communications, 5, 5691 (2014)[PubMed](外部サイトにリンクします。)
  4. Hyun-Soo Cho, Tadahiro Shimazu, Gouji Toyokawa, Yataro Daigo, Yoshihiko Maehara, Shinya Hayami, Akihiro Ito, Ken Masuda, Noriko Ikawa, Helen I. Field, Eiju Tsuchiya, Shin-ichi Ohnuma, Bruce A.J. Ponder, Minoru Yoshida, Yusuke Nakamura, Ryuji Hamamoto: Enhanced HSP70 lysine methylation promotes proliferation of cancer cells through activation of aurora kinase B. Nature Communications, 3, 1072 (2012)[PubMed](外部サイトにリンクします。)
  5. Syuzo Kaneko, Gang Li, Jinsook Son, Chong-Feng Xu, Raphael Margueron, Thomas A. Neubert, Danny Reinberg: Phosphorylation of the PRC2component Ezh2 is cell cycle-regulated and up-regulates its binding to ncRNA. Genes & Development, 24 (23), 2615-2620 (2010)[PubMed](外部サイトにリンクします。)
  6. Syuzo Kaneko, Jinsook Son, Steven S Shen, Danny Reinberg, Roberto Bonasio: PRC2 binds active promoters and contacts nascent RNAs in embryonic stem cells. Nature Structural & Molecular Biology, 20, 1258-1264 (2013)[PubMed](外部サイトにリンクします。)
  7. Syuzo Kaneko, Roberto Bonasio, Ricardo Saldaña-Meyer, Takahaki Yoshida, Jinsook Son, Koichiro Nishino, Akihiro Umezawa, Danny Reinberg: Interactions between JARID2 and noncoding RNAs regulate PRC2 recruitment to chromatin. Molecular Cell, 53 (2), 290-300 (2014)[PubMed](外部サイトにリンクします。)
  8. Syuzo Kaneko, Jinsook Son, Roberto Bonasio, Steven S. Shen, Danny Reinberg: Nascent RNA interaction keeps PRC2 activity poised and in check. Genes & Development, 28 (18), 1983-1988 (2014)[PubMed](外部サイトにリンクします。)
  9. Kyohei Arita, Shin Isogai, Takashi Oda, Motoko Unoki, Kazuya Sugita, Naotaka Sekiyama, Keiko Kuwata, Ryuji Hamamoto, Hidehito Tochio, Mamoru Sato, Mariko Ariyoshi, Masahiro Shirakawa: Recognition of modification status on a histone H3 tail by linked histone reader modules of UHRF1. Proc Natl Acad Sci USA, 109 (32), 12950-12955 (2012)[PubMed](外部サイトにリンクします。)

お知らせ

積極的に共同研究を行いたいと考えており、またがん分子修飾制御学分野で一緒に研究をして下さる方を広く募集します。連携大学院・大学院生(社会人の方も可)として博士号などの学位を取得することも可能です。我々の研究に興味をお持ちの方は浜本までお気軽にご連絡いただけますと幸いです。