コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 分子診断・個別化医療開発グループ > 分子腫瘍学分野 > 研究プロジェクト > 今後の展望

今後の展望

現在は、未だに遺伝子異常が十分に明らかではない悪性腫瘍の網羅的な遺伝子解析を行うだけでなく、我々がPD-L1 3′-UTR異常を同定したのと同様のがん横断的なアプローチにより、悪性腫瘍全体の遺伝子異常の全体像を明らかにしようと試みています。同時に、新規に同定された遺伝子異常が腫瘍化に果たす役割について、CRISPR/Cas9システムなどの最先端の分子生物学的手法や遺伝子改変動物モデルなどを用いて解明することを目指しています。さらに、このような研究成果を臨床に還元するために、遺伝子異常に対する分子標的薬の開発やバイオマーカーとしての意義の検討、臨床シーケンスなどを含めた個別化医療への応用に取り組んでいます。

注意事項:記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します