『柏の葉料理教室』第200回記念講演会・調理実演会を開催−7つの症状別に応じた食事でがん患者さんと家族をサポート−) << 国立がん研究センターについて
ホーム > 更新履歴 > 『柏の葉料理教室』第200回記念講演会・調理実演会を開催−7つの症状別に応じた食事でがん患者さんと家族をサポート−

『柏の葉料理教室』第200回記念講演会・調理実演会を開催−7つの症状別に応じた食事でがん患者さんと家族をサポート−



国立がん研究センター東病院では、2017年8月9日にがんの症状別に応じた、レシピと作り方を提案する『柏の葉料理教室』第200回記念講演・調理実演会を開催しました。当日、会場となった「さわやかちば県民プラザ」料理室には、がん患者さんと支援者の方33名が参加しました。

『柏の葉料理教室』第200回記念講演・調理実演会 風景   『柏の葉料理教室』第200回記念講演・調理実演会 風景

『柏の葉料理教室』は東病院が主催し、院内および近隣地域のがん患者さんとご家族の食事の支援を目的に、2008年9月11日に開始されました。

月2回料理教室を開催し、がん治療に伴う副作用の症状として多い、「吐き気」「貧血」「口内炎・食道炎」「下痢・便秘」「味覚変化」「消化器術後」「食欲不振」の7つのテーマ別に、参加者の声を反映した、ご家庭で気軽に取り組めるレシピを、約9年間で1000品以上提供してきました。

開会のあいさつ(サポーティブケアセンター室長 後藤功一)
開会のあいさつ(サポーティブケアセンター室長 後藤功一)

過去のレシピやさらにアレンジを加えたもの、また新たなメニューを含む13品のレシピを紹介し、 症状別の対処法を交えた調理デモを行いました。

『柏の葉料理教室』第200回記念講演・調理実演会 風景   『柏の葉料理教室』第200回記念講演・調理実演会 風景

『柏の葉料理教室』第200回記念講演・調理実演会 風景東病院 千歳栄養管理室長からは「がん治療を支える食事」と題し、がん治療の副作用として多い7つの症状別に合わせた食事の工夫について説明しました。

近年、通院で治療をする人が増えているため、家庭での食事に関する相談も寄せられています。

患者さんだけでなく、ご家族を含めた「支援者」の負担を軽減できるようなアレンジを加えた13品の料理がテーブルに並べられ、参加者の方々はバイキング形式で、自分の症状に合ったレシピの中から思い思いに選んでいました。

『柏の葉料理教室』第200回記念講演・調理実演会 風景   『柏の葉料理教室』第200回記念講演・調理実演会 風景
     
『柏の葉料理教室』第200回記念講演・調理実演会 風景   『柏の葉料理教室』第200回記念講演・調理実演会 風景
家庭で取り入れやすいアレンジが至る所に加えられています。
 
がん治療に関する疑問や悩み解消できる交流の場としてもご利用頂いています。

依田雄介医師その後200回記念企画として、東病院 消化管内視鏡科の依田雄介医師による「がんと消化管について」をテーマに、がんで起こり得る主な病気の症状や原因、治療法などについて講演会が行われました。

現代の社会問題である超高齢社会によって、がん患者さんご本人だけでなく、支援するご家族も高齢となっている老老介護の問題や、独り暮らしの方が増えている傾向があります。

千歳栄養管理室長は「高齢者のがんに限らず、医療技術の進歩で診断後も長く予後を過ごせる症例が増え、『がん』は長く付き合う病気に変化しています。がん患者さんが「診断から治療後も充実した社会生活を送る」ために、適切な支援やアドバイスが求められ、その中でも食事支援は重要な位置付けとなっています。柏の葉料理教室では調理を通じて、病院と患者さん、支援者との情報交換を行っています。食事の工夫や食材、調理器具の活用方法など、幅広い食に関する情報を提供し、患者さんご自身が食の問題を解決できる実践的な支援を、今後も推進していく所存です。」と述べています。 今後『柏の葉料理教室』では、より手軽に、日常生活で無理なく取り組めるレシピやノウハウを、介護ヘルパーさんなどご家族以外の支援者の方にも提案していけるよう、活動の幅を広げていく予定です。

【次回開催予定】
第202回 「貧血のある方の食事」
日時 2017年9月27日(水) 12:00〜14:00
会場 京葉ガス料理教室 My Leafs柏の葉 (ららぽーと柏の葉北館3階)
案内PDF 案内PDF(図をクリックするとPDFファイルが開きます)

【『柏の葉料理教室』 関連情報】
国立がん研究センター東病院ホームページ
柏の葉料理教室のご案内 −がん患者さんとご家族を対象とした症状別料理教室−
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/division/seminar/about_cooking.html
矢印 第1回からの過去のレシピはこちらから全てご覧いただけます。


「がん患者さんのための国がん東病院レシピ」
出版社: 法研 2013年9月26日発行
  a