コンテンツにジャンプ
がん対策情報センター

トップページ > 各部の紹介 > たばこ政策支援部 > プロジェクト > 禁煙支援担当看護職向け講習会プログラムの開発と実践

禁煙支援担当看護職向け講習会プログラムの開発と実践

本プロジェクトについて

がん対策情報センターたばこ政策支援部では、Global Bridges(グローバル・ブリッジ)プログラム(注1)の助成を得て、道府県看護協会との共催により、「看護職等を対象とする禁煙支援研修会」を実施しています。

注1:Global Bridges(グローバル・ブリッジ)プログラム:日本対がん協会、米国メイヨークリニックによる禁煙支援に関する2年間の人材育成推進プログラム。
 

現在、受動喫煙防止対策のための法改正、たばこ税の段階的増税、など禁煙を後押しする社会環境の変化が続き、これまで以上に禁煙支援を推進する必要性が高まっています。そこで、研修会の実施に加え、禁煙外来に限らずさまざまな場面での禁煙支援に役立つ情報を提供することを目的として、Global Bridges(グローバル・ブリッジ)プログラム(注1)の助成事業の一環として作成したサポート教材を公開いたします。

看護職の皆様の、ちょっとした声掛けによる禁煙の推進に、本教材が役に立ちましたら幸いです。

がん対策情報センターたばこ政策支援部長 若尾文彦

サポート教材集(順次掲載していきます。)

禁煙支援の方法論

禁煙支援サポート

教材、資料、面接例動画を順次掲載予定です。

禁煙について知識

その他の参考資料、リンク集