コンテンツにジャンプ
社会と健康研究センター

トップページ > 各部の紹介 > 研究基盤グループ > コホート連携研究部 > 研究プロジェクト > 電子化医療情報を活用した疾患横断的コホート研究情報基盤整備事業

電子化医療情報を活用した疾患横断的コホート研究情報基盤整備事業

国立高度専門医療研究センターで健常人を対象としたコホート研究を実施している機関と連携して、疾患横断的コホート研究基盤を形成し、健康寿命延伸に資するエビデンスの構築をめざします。特に、関連する情報を電子的に収集可能なシステムを構築し、電子化医療情報の活用ノウハウをセンター間で共有することにより、医療等IDの導入後の電子情報利活用に備えた研究基盤を整備します。

連携推進研究室

6つの国立高度専門医療研究センターの共同作業により構築している「疾患横断的コホート研究基盤」の基盤整備とハブとしての運営・連絡調整を担い、各センターとの研究連携を推進する。

連携基盤活用研究室

当センターのコホート研究基盤(多目的コホート研究次世代多目的コホート研究がん検診受診者を対象とした研究)を活用し、他の国立高度専門医療研究センターによる疾患解析研究の推進と電子化医療情報を利活用した疾患横断的解析研究を推進している。

シンポジウム