コンテンツにジャンプ
社会と健康研究センター

トップページ > 社会と健康研究センター派遣職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(8月10日判明分)

社会と健康研究センター派遣職員における新型コロナウイルス感染症の発生について(8月10日判明分)

2020年8月12日
国立がん研究センター社会と健康研究センター


今般、国立がん研究センター社会と健康研究センターに勤務する派遣職員1名が、新型コロナウイルスに感染したことを確認しました。

当該職員については、患者さんとの接触はありません。また、他の職員との濃厚接触もありません。

【発生経緯】

当該職員は、当センター外の陽性者との濃厚接触が疑われたため保健所の指導に基づき8月4日から自宅待機をしていたところ、8月7日に発熱が認められました。
8月8日から入院をして、8月10日にPCR検査の結果陽性が確認されたものです。

 

皆様にはご心配、ご迷惑をおかけいたしますが、感染拡大防止に全力で努めております。何卒ご理解のほどをよろしくお願い申し上げます。