コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > ご寄付のお願い > プロジェクト寄付(使途指定の寄付) > つくるを支える 届けるを贈る がん情報ギフト > ごあいさつ

ごあいさつ

 

若尾 文彦

がんは国民の死亡原因の第一位で、生涯2人に1人という多くの人が罹患(りかん)する疾患です。がんはいまだに怖い病気と思われているかもしれません。また、がんになるまでがんという病気は自分には関係ないと思っている人が多く、その時になってはじめて、情報探しに翻弄される人も少なくありません。情報は力になります。知っていることで、よりよい治療を受ける、療養生活を送ることが可能になります。またがん治療の進歩とともに、地域で日常生活を送りながら、がんの治療をする人(そうした人を支える人)も増えてきました。

「がん情報サービス」では、日本の法律である「がん対策基本法(平成18年法律第98号)」で示された「患者・家族・市民のためのがんの情報をつくり、届ける」ために、さまざまな情報を集めて、科学的根拠に基づいた「確かな」「わかりやすい」「役に立つ」がんの情報を国民のみなさまに提供しています。
提供している情報は、国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策研究所が、全国の多くのがんの専門家や患者・市民など、さまざまな方々の協力の下、作成しています。

一方、インターネットが使えない方、近くにがん診療連携拠点病院がない方からは、なかなか情報が得られないという声が寄せられています。

そこで、「がんになっても安心して生活できる社会をつくる」ための取り組みの一つとして、ご賛同いただける方からのご寄付により全国の図書館等にがん情報を届け始めました。「確かな」「わかりやすい」「役に立つ」がんの情報をつくり、すべての人が身近な場所で、それらの情報を得られる地域づくりに向けた活動にお力添えください。

国立がん研究センターがん対策研究所
         事業統括 若尾 文彦


ganjoho_20220927