コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > グループ紹介 > 臨床腫瘍病理分野(柏) > 小嶋基寛

小嶋基寛

小嶋基寛

病理学は、視覚を用いてがんの診断をはじめとした医学に貢献する分野で、1800年代から存在する歴史のある分野です。感覚を言葉で表現するため、理解されにくい面もありますが、進歩する余地も多分に残し、臨床的に不可欠な病理診断のみならず、機器開発や創薬開発における基盤として現在も重要視されています。多施設研究、共同研究に参画することで、社会性を保ちつつ、歴史ある学問分野から、斬新なアイデアでがんの医療に貢献したいと考えています。

職名

  • 臨床腫瘍病理分野 ユニット長

専門領域

  • 消化管
  • 肝胆膵

キーワード

  • 病理学
  • 大腸がん
  • 肝胆膵病理

現在の主な研究テーマ

  • 病理診断の均てん化
  • morphometryなど形態の定量化
  • がん間質の病理
  • 主に物性との関連

共同研究可能なテーマ

  • 画像解析
  • 診断機器開発 (物性を利用した医療機器開発)

Email

mokojima●east.ncc.go.jp(●を@に置き換えください)

略歴

  • 昭和大学大学院医学研究科
  • 2004年 ドイツ キール大学医学部 留学
  • 2006年 国立がんセンター東病院臨床開発センター 臨床腫瘍病理部 室長
  • 2012年 現職

主な所属学会

  • 日本病理学会 (評議員)
  • 日本臨床細胞学会
  • 日本癌学会 (評議員)
  • 大腸癌研究会 (施設代表者)

主な論文

  1. Kojima M, Ochiai A, Special cancer microenvironment in human colonic cancer: Concept of cancer microenvironment formed by peritoneal invasion (CMPI) and implication of subperitoneal fibroblast in cancer progression. Pathol Int 2016. 66;123-131.
  2. Yokota M, Kojima M, Higuchi Y, Nishizawa Y, Kobayashi A, Ito M, Saito N, Ochiai A. Gene expression profile in the activation of subperitoneal fibroblasts reflects prognosis of patients with colon cancer. Int J Cancer 2016.15;1422-1431.
  3. Kawano S, Kojima M, Higuchi Y, Sugimoto M, Ikeda K, Sakuyama N, Takahashi S, Hayashi R, Ochiai A, Saito N. Assessment of elasticity of colorectal cancer tissue, clinical utility, pathological and phenotypical relevance. Cancer Sci 2015.106;1232-1239.
  4. Sugimoto M, Takahashi S, Kojima M, Gotohda N, Kato Y, Kawano S, Ochiai A, Konishi M. What is the nature of pancreatic consistency? Assessment of the elastic modulus of the pancreas and comparison with tactile sensation, histology, and occurrence of postoperative pancreatic fistula after pancreaticoduodenectomy. Surgery 2014.156;1204-11.
  5. Kojima M, Shimazaki H, Iwaya K, Kage M, Akiba J, Ohkura Y, Horiguchi S, Shomori K, Kushima R, Ajioka Y, Nomura S, Ochiai A. Pathological diagnostic criterion of blood and lymphatic vessel invasion in colorectal cancer: a framework for developing an objective pathological diagnostic system using Delphi method, from the Pathology Working Group of the Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum. J Clin Pathol, 2013. 66;551-558.