トップページ > 各部紹介 > 支持・サバイバーシップTR研究部 > 連携大学院

連携大学院

2020年4月に早稲田大学人間科学学術院の連携大学院となりました。行動科学を基盤として、がんとの共生や生活様式に関連する健康問題、疾病のマネジメントに行動変容、動機づけ、生活環境の調整、セルフケア、セルフマネジメントを適用し、がんサポーティブケア、サバイバーシップケアに関する研究を実践的に学びます。
本領域を育てつつ世界をリードする独創的な研究に努力を惜しまない若手の参画を期待します。