コンテンツにジャンプ

胃がん No.48

Gastric

治験情報

対象となるがん

胃がん

使用される新薬(治験薬)

  • レゴラフェニブ(経口剤:マルチキナーゼ阻害剤)
  • ニボルマブ(注射剤:抗PD-1抗体)

実施方法(治験のデザイン)

第III相試験 (医師主導治験)

  • A群:レゴラフェニブ+ニボルマブ
  • B群:担当医師が選択した標準化学療法(パクリタキセル、ドセタキセル、イリノテカン、経口トリフルリジン/チピラシル)

注:この治験に参加した患者さんは、ご自分で選択は出来ませんが、A群又はB群いずれかの治療を受けることになります。

治験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準)

以下のすべてに該当する方が対象となります。

  • 文書による同意が得られる方
  • 18歳以上の方
  • 全身状態(ECOG Performance Status)が0から1である方
  • 転移性又は局所再発の胃食道腺がんと確認された方
  • 前治療としての化学療法歴が2次治療以降3次治療以内である方
  • 経口投与が可能な方
  • 各種臓器機能が保たれている方

注:上記の患者選択基準は概要であり、上記に該当していてもこの治験に参加できないことがありますので、ご了承ください。

治験責任医師

設楽 紘平

この治験に関する問い合わせ先