コンテンツにジャンプ

緩和医療 No.2

Palliative medicine

治験情報

対象となるがん

乳がん・大腸がん

使用される新薬(治験薬)

交番磁界治療器

実施方法(治験のデザイン)

多施設共同の二重盲検ランダム化比較試験(医師主導治験)

治験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準)

以下のすべてに該当する方が対象となります。

  1. 抗がん剤の末梢神経障害による24時間平均の痛みが0-10段階のうち、4以上ある方
  2. 以下のどちらかを満たす方。
    1) 乳がんに対するパクリタキセル、ナブパクリタキセル最終投与日から3か月以上経過し、ホルモン治療以外の治療を受けていない方。
    2)大腸がんに対するオキサリプラチン最終投与日から3か月以上経過し無治療で経過観察している方。
  3. 18歳以上80歳未満の方

注:上記の患者選択基準は概要であり、上記に該当していてもこの治験に参加できないことがありますので、ご了承ください。

治験責任医師

久保 絵美

この治験に関する問い合わせ先