コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 薬剤部 > 薬剤部紹介 > 薬剤部業績集

薬剤部業績集

2017年

論文

原著・英文

  1. Takahiro Ohta, Mitsuo Mita, Shigeru Hishinuma, Reiko Ishii-Nozawa, Kazuhisa Takahashi, Masaru Shoji
    Inhibition of Ectopic Arginine Vasopressin Production by Phenytoin in the Small Cell Lung Cancer Cell Line Lu-165
    Front Endocrinol (Lausanne). 28;8:94.(2017) [PMID: 28503166]
  2. Ikegawa K, Suzuki S, Nomura H, Enokida T, Yamazaki T, Okano S, Endo K, Saito S, Yamaguchi M, Tahara M.
    Retrospective analysis of premedication, glucocorticosteroids, and H1-antihistamines for preventing infusion reactions associated with cetuximab treatment of patients with head and neck cancer.
    J Int Med Res. 2017 Jan., [PMID:28606015]
  3. Yuka Sugama, Shinya Suzuki, Hayato Kamata, Hidetaka Suzuki, Ken Demachi, Kiwako Ikegawa, Takeshi Igarashi, Masakazu Yamaguchi
    Evaluation of clinical pharmacist collaborating service with oncologist at outpatient booth in cancer chemotherapy from a questionnaire survey
    J Basic Clin Pharma. 2017;8:111-115.
  4. Suzuki S, Abbott R, Sakurai H, Kawasumi K, Johnson PE, Tahara M, Yamaguchi M, Saito S, Yee GC, Endo K.
    Evaluation of community pharmacist ability to ensure the safe use of oral anticancer agents: a nationwide survey in Japan.
    Jpn J Clin Oncol., 1;47(5):413-421 (2017). [PMID: 28184436]
  5. Daisuke Kano, Yoshihiro Nakagami, Hiroaki Kurihara, Shota Hosokawa, Sadamoto Zenda, Masahiko Kusumoto, Hirofumi Fujii, Tomohiro Kaneta, Shinichiro Saito, Yoshihiro Uesawa, Hajime Kagaya,
    Development of a double-stranded siRNA labelling method by using 99mTc and single photon emission computed tomography imaging,
    J Drug Target. 25(2):172-178. (2017)[PMID: 27588821]
  6. Enokida T, Uozumi S, Fujisawa T, Ueda Y, Okano S, Tahara M.
    Gemcitabine monotherapy in patients with heavily treated nasopharyngeal cancer: a case series
    Int J Clin Oncol. (2017) [PMID: 28616753]
  7. Tomoko Morita, Yoshiyuki Sano, Tomoka Okano, Hirofumi Fujii, Makoto Tahara, Masakazu Yamaguchi, Hironobu Minami.
    Validation of a Liquid Chromatography-Tandem Mass Spectrometric Assay for Quantitative Analysis of Lenvatinib in Human Plasma 
    Int J Anal Chem. 2341876.(2017)[PMID:28680445]
  8. Hosokawa S Inoue K, Takahashi Y, Kawakami K, Kano D, Nakagami Y, Fukushi M.
    Relationship between tumor volume and quantitative values calculated using two-dimensional bone scan images.
    Radiol Phys Technol. 10(4):496-506. (2017)[PMID:28983807]
  9. Hosokawa S, Inoue K, Kano D, Shimizu F, Koyama K, Nakagami Y, Muramatsu Y, Fukushi M.
    A simulation study for estimating scatter fraction in whole-body 18F-FDG PET/CT.
    Radiol Phys Technol. 10(2):204-212.(2017)[PMID:28032297]
  10. Kuboki Y, Nishina T, Shinozaki E, Yamazaki K, Shitara K, Okamoto W, Kajiwara T, Matsumoto T, Tsushima T, Mochizuki N, Nomura S, Doi T, Sato A, Ohtsu A, Yoshino T.
    TAS-102 plus bevacizumab for patients with metastatic colorectal cancer refractory to standard therapies (C-TASK FORCE): an investigator-initiated, open-label, single-arm, multicentre, phase 1/2 study.
    Lancet Oncol. 18(9):1172-1181(2017 )[PMID:28760399]

原著・和文

  1. 鎌田 隼, 鈴木 真也, 魚住 真哉, 田原 信, 山口 正和,
    中等度腎機能障害を有する切除不能甲状腺髄様癌に対するvandetanib 投与の1例,
    日本臨床腫瘍薬学会雑誌, 6, 11-15 (2017).

著書・総説

総説-和文

  1. 篠原 旭
    【Evidence Update 2017 最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する】 エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート! 膵癌治療薬
    薬局68巻1号 Page137-140. 2017.

学会発表

国際学会

  1. Takahiro Ohta
    Survey of Chemotherapy Regimen Checks for Oral Anticancer Agents by Pharmacist in the Cancer Designated Hospitals of the NHO/NCC in Japan ISOPP2017, Butapest, Hungar., April 26-29, 2017.
  2. Shinya Suzuki
    Differences between online survey and mailed survey from the nationwide survey for community pharmacists in Japan ISOPP2017, Butapest, Hungar., April 26-29, 2017.
  3. Shinya Suzuki
    Characteristics and management of high incidence of Grade 3, 4 hypertension in lenvatinib oral chemotherapy for thyroid cancer patient
    ISOPP2017, Butapest, Hungar., April 28-29, 2017.
  4. Daisuke Kano
    Labeled Fumaric Acid: A Potential New Imaging Tracer for Fumarate Respiration
    22nd International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences, Dresden, Germany,May14-19, 2017.
  5. Nobuo Mochizuki
    Safety assessment of using preliminary formulation for preparing antitumor drugs
    IARMM 6th World Congress of Clinical Safety 2017,Rome, Italy, September 6-8, 2017.
  6. Nomura Hisanaga
    Drug-related genetic polymorphisms affecting Grade3 and 4 chemotherapy-induced neutropenia in esophageal cancer patients received docetaxel, cisplatin and 5-fluorouracil chemotherapy
    Annual Congress of the European Society for Medical Oncology,Madrid, Spain, September 8-12, 2017.
  7. Daisuke Kano
    Measurement of urinary radiation dose of PET patient by using Compton camera
    European Association of Nuclear Medicine '17,  Vienna, Austria, October 21-25, 2017.
  8. Daisuke Kano
    Development of a novel cancer imaging using ex vivo radiolabeled cells
    European Association of Nuclear Medicine '17,  Vienna, Austria, October 21-25, 2017.

国内学会

  1. 鈴木 秀隆、鎌田 隼、須釜 由香、出町 健、池川貴和子、五十嵐隆志、鈴木 真也、山口 正和
    外来同席薬剤師による化学療法の有害事象の未然回避・重篤化回避に対する有益性の検討
    第11回日本緩和医療薬学会年会. 札幌, 6.4, 2016.
  2. 藤城 法子
    患者遺族からみた医療用麻薬の管理、廃棄、適正使用および自動車等の運転に関する実態調査
    第22回日本緩和医療学会学術大会.横浜,6月23日(金曜日)~6月24日(土曜日),2017.
  3. 阿部 紀子
    Lenvatinib治療におけるGrade 3蛋白尿の実態と対応に関する調査
    第1回日本医療薬学会フレッシャーズカンファランス, 東京, 6月25日, 2017.
  4. 三浦 華歩
    頭頸部癌シスプラチン化学療法のマンニトール含有、非含有による腎機能障害の比較
    第1回日本医療薬学会フレッシャーズカンファランス, 東京, 6月25日, 2017.
  5. 出町 健
    Safety and Efficacy of S-1 plus Oxaliplatin in moderately renal impaired patients with advanced gastric cancer (AGC)
    第15回日本臨床腫瘍学会学術大会, 神戸, 7月27日~7月29日, 2017.
  6. 鎌田 隼
    Impact of clinical pharmacists collaborating with oncologists in outpatient cancer chemotherapy on cost of chemotherapy
    第15回日本臨床腫瘍学会学術大会, 神戸, 7月27日~7月29日, 2017.
  7. 鈴木 秀隆
    The Effect of duloxetine on chemotherapy-induced peripheral neuropathy in advanced pancreatic cancer patients receiving gemcitabine plus nab-paclitaxel treatment.
    第15回日本臨床腫瘍学会学術大会, 神戸, 7月27日~7月29日, 2017.
  8. 五十嵐 隆志
    薬剤師レジデントの外来診察同席業務における有益性の検討
    第47回日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会, 前橋, 8月26日~8月27日, 2017.
  9. 池川 貴和子
    国立がん研究センター東病院レジデント3年目における診療科配属臨床業務の薬剤部内におけるインパクト
    第47回日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会, 前橋, 8月26日~8月27日, 2017.
  10. 松山 千容
    日本、米国、カナダ、オーストラリアにおける抗がん薬の規格と安定性に関する比較調査
    関信地区国立病院薬剤師会 第80回例会, 星薬大、東京, 9月30日, 2017
  11. 戸根 奈津子
    薬剤師診療記録に対する他職種へのアンケート調査
    関信地区国立病院薬剤師会 第80回例会, 星薬大、東京, 9月30日, 2017
  12. 須釜 由香
    薬剤師による外来同席業務と業務についての医師・看護師・患者へのアンケート調査
    第22回日本医療学会学術大会, 幕張、千葉, 11月3日~11月5日, 2017.
  13. 池川 貴和子
    外来診察同席薬剤師による服薬アドヒアランス向上に対する有益性の検討
    第22回日本医療学会学術大会, 幕張、千葉, 11月3日~11月5日, 2017.
  14. 堀之内 藍
    前投薬としてDexamethasone13.2mgとAprepitantが投与された5FU+Cisplatin+Cetuximab療法においてInfusion reaction Grade 3をきたした頭頸部癌の1例
    第22回日本医療学会学術大会, 幕張、千葉, 11月3日~11月5日, 2017.
  15. 森本 麻友
    混注業務円滑化のための抗がん剤予製剤作成における安全性の検討 無菌保証への取り組み
    第22回日本医療学会学術大会, 幕張、千葉, 11月3日~11月5日, 2017.
  16. 望月 伸夫
    骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌患者への放射性抗癌剤ラジウム223外来投与時における薬剤師の関わり
    第22回日本医療学会学術大会, 幕張、千葉, 11月3日~11月5日, 2017.
  17. 太田 貴洋
    がん薬物療法に係る薬剤師のレジメン確認項目共通化への検討
    第71回国立病院総合医学会, 高松、香川, 11月10日~11月12日, 2017.
  18. 篠原 旭
    がん薬物療法に係るレジメン確認後の記録媒体と疑義照会時期の実態調査
    第71回国立病院総合医学会, 高松、香川, 11月10日~11月12日, 2017.
  19. 魚住 真哉
    国立がん研究センター東病院における薬剤師レジデント制度とがん専門修練薬剤師制度の概要
    第71回国立病院総合医学会, 高松、香川, 11月10日~11月12日, 2017.

受賞・表彰など

  1. 平成29年度 日本医療薬学会Postdoctoral Award
    加納 大輔(国立研究開発法人国立がん研究センター東病院 薬剤部)
    「放射標識を用いた診断用薬の開発と臨床への応用」