コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 精神腫瘍科 > 研究について

研究について

非常に多くの方が心の苦痛を経験されているにもかかわらず、心のケアがまだ十分に浸透していないわが国の現状があります。これを少しでも改善するために、われわれは心の苦痛に対して適切なケアができるシステムをつくるための研究を行っています。

実施中または計画中の臨床研究

  • 高侵襲手術後のがん患者に生じる術後せん妄の予防的介入に関する研究
  • 我が国のうつ病のがん患者に対する行動活性化療法の有用性に関する研究
  • 同種造血細胞移植後に生じた精神的苦痛への心理社会的支援プログラムの開発
  • がん患者の外傷後成長(PTG)に関する研究

見学・研修について

  • 若手医師むけNCC緩和ケア・精神腫瘍一日体験プログラム
    毎年、中央病院と東病院の緩和医療科・精神腫瘍科合同で、緩和ケア医/精神腫瘍医をめざす若手医師むけの一日体験プログラムを実施しています。
    国立がん研究センター 中央病院・東病院 精神腫瘍科・緩和医療科1日体験プログラムのご案内(関連ファイルをご覧ください)
  • 精神腫瘍学に関して、医師・看護師・臨床心理士などの見学・研修を受け入れておりますので、ご興味ある方は下記までご連絡ください。

国立がん研究センター中央病院 電話番号:03-3542-2511(代表) 内線7004 keshimiz@ncc.go.jp
精神腫瘍科 清水 研(しみず けん)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。