コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 精神腫瘍科 > 患者サポートセンター(病院棟8F)で行うプログラム

患者サポートセンター(病院棟8F)で行うプログラム

2016年9月5日から、病院棟8Fに患者サポートセンターがオープンいたしました。精神腫瘍科では患者サポートセンターにて以下のプログラムを行っています。多くの方にご利用いただければと思いますので、ご興味がある方はご参加ください。

患者教室(注:開催日時の変更がある場合には当HPに掲載します。)

リラクセーション教室

リラクセーション教室は、リラックスする方法を獲得することで、病気や治療とうまく付き合えるようにお手伝いするための教室です。

  • 対象となる方:当院入院中および外来通院中の患者さんとそのご家族
  • 開催日時:原則毎月第2・4水曜日 11時15分から12時00分(受付時間:11時00分から11時15分)
  • リラクセーション教室のご案内:関連ファイルをご覧ください。

AYAひろば

AYAとはAdolescent and Young Adultの略で「思春期および若い成人」という意味です。
AYAひろばは、同じ年代の患者さん同士で集まって、おしゃべりをしたり、話しを聞いたり、自由に過ごせる場の提供を目的としたプログラムです。

  • 対象となる方:当院入院中および外来通院中の思春期および若い成人患者さん
  • 開催日時:原則毎月1回(注:詳細については院内に掲示されているポスターをご覧ください)
  • AYAひろば:関連ファイルをご覧ください。

専門外来

レジリエンス外来

がんという想定外の体験によりライフプランが大きな修正を余儀なくされた場合、こころが大混乱に陥ることは無理もないことでしょう。しかし、こうした苦難を乗り越える力(レジリエンス)が人には備わっているといわれています。レジリエンス外来ではこの力を育むことを目指しています。専門家とのカウンセリングを通して、(1)がんになる前にはどのようなことを大切にして生活していたのか、(2)がんになることで何を失ったと感じているのか、を言葉にしていきます。その作業が、現在なぜご自身が混乱しているのかを理解する手がかりとなり、これから進もうと思う道筋が見えてきます。

  • 対象となる方:がん体験によってこころが混乱されていて、ご自身の体験について話したいと思っている方
  • 診療時間:金曜日 10時から13時
  • 申し込み方法:ご興味ある方は担当者「精神腫瘍科 清水研(しみず けん)内線7004」に、中央病院代表(03-3542-2511)からご連絡ください。
  • レジリエンス外来のご案内

日々の充実感やよろこびを取り戻すプログラム(行動活性化療法)

病気を抱えながらの生活は、いろいろな不安やストレスを感じることも多くなります。ゆううつな気持ちや不安を感じると、ついそのことに囚われてしまい、活動をやめてしまう傾向にあります。しかし、活動が減少すると、楽しみや喜びを得ている活動からどんどん遠ざかってしまい、気分がますます落ち込んでしまうという悪循環が生じやすくなります。このプログラムでは、病気になったことで、あきらめざるをえなかったり、投げ出してしまったりした、あなたの人生において大切にしたいもの(価値)に着目します。あなたにとっての「価値」とはなにか、どんなことに時間をつかい、どのように日常生活を過ごしたいのかを明確にします。そして、そのために今できる具体的なことを話し合っていくことを通して、生活の喜びや充実感を取り戻すことを目指しています。

  • 対象となる方:病気のことばかり考えてしまい、家に閉じこもりがちだったり、日々の活動が少なくなったように感じている方
  • 診療時間:火曜日 11時から14時
  • 申し込み方法:ご興味ある方は担当者「精神腫瘍科 平山貴敏(ひらやま たかとし) 内線7111」に、中央病院代表(電話番号:03-3542-2511)からご連絡ください。
  • リーフレット
    「日々の充実感やよろこびを取り戻すプログラムのご案内」
    関連ファイルをご覧ください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。