コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 検診センター > がん検診を希望される方へ > がん検診の流れ

がん検診を希望される方へがん検診の流れ

総合検診コース・単独検診コース共通

1.申し込み

電話予約

検診ご希望の方は、電話でご予約ください。
「受診日予約通知書」「受診申込書」をご郵送します。

検診申込

「受診申込書」に必要事項を記入し、ご返信(郵送またはファクス)ください。
受診申込書を受け取りました時点で申し込み完了となります。

2.申し込みから受診日まで

準備

  • 受診用資料(受診日確認書、検診受診同意のための説明書、研究協力同意のための説明書、問診票、生活習慣などに関するアンケート、喀痰容器など)をご郵送します。問診票およびアンケートに必要事項をご記入し、当日ご持参ください。
  • 総合検診コースおよび肺がん検診単独コースの方は、喀痰を、検診前々日・前日・当日の3回分を採取いただき、検診当日にご持参ください。
  • 飲食については、検診前日又は、検診当日の決められた時間から制限していただきますので、詳しくは「検診時のご注意(関連リンクをご覧ください)」をご確認ください。
  • 前日はアルコールの摂取はせずに、充分な睡眠をお取りください。
  • PET/CTを受診される方は、前日は過度の運動はお控えください。

3.受診日

検査当日

検査当日「検診コース別スケジュール(関連リンクをご覧ください)」

4.受診後

受診後、1ヵ月後に結果を郵送します。

総合検診、単独検診で精密検査が必要と判定された方には、後日、面談により結果をご説明し、国立がん研究センター中央病院の各診療科や他の医療機関へご紹介をいたします。(総合検診、単独検診で精密検査が不必要と判定された方でもご希望があれば後日、面談により結果をご説明いたします。)

平成25年以前に国立がん研究センターでがん検診を受診し、研究協力に同意された方(受診1年後から4年後)

年1回「健康状態に関するアンケート調査」にご協力をお願いいたします。

初回検診以降の5年後までの期間における国立がん研究センターでのがん検診受診は任意ですが、がんの早期発見、早期治療と実現する為には、年に1回は検診を受診されますことをお勧めいたします。

平成25年以前に国立がん研究センターでがん検診を受診し、研究協力に同意された方(受診5年後)

初回の検診から5年後に再度の同等のコースでの受診をお願いいたします。(5年後再受診)

平成25年以前に国立がん研究センターでがん検診を受診し、研究協力に同意された方(10年後より)

年1回「健康状態に関するアンケート調査」にご協力をお願いいたします。

5年後再受診以降の国立がん研究センターでのがん検診受診は任意ですが、がんの早期発見、早期治療と実現する為には、年に1回は検診を受診されますことをお勧めいたします。