コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 検診センター > がん検診を希望される方へ > 検診内容のご案内

がん検診を希望される方へ検診内容のご案内

がん総合検診

全身をお調べするがん検診コースです。男性と女性では、検査項目が異なります。大腸の検査方式によって、大腸内視鏡検査コース、大腸CT検査コースがございます。オプションとして、PET/CT検査がお選びいただけます。

注:大腸の検査方式におって検診スケジュールが異なります。
注:大腸の検査方式は受診お申し込み時にお選びください。
注:大腸の検査方式によって検査の前処置の方法が異なります。

単独検診コース

身体のそれぞれの臓器やがんについてお調べするがん検診コースです。一部のコースを除き、検査は1日間で終了いたします。

検査項目について

(項目をクリックすると内容の説明が表示されます)

対象検診項目
食道・胃 食道・胃内視鏡    
大腸 大腸内視鏡
または大腸CT
   
肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓 腹部超音波 肝炎ウイルス検査 腫瘍マーカー(CA19-9)
胸部CT 喀痰細胞診  
乳房 視・触診 マンモグラフィ(乳房X線)
または
乳腺トモシンセシス
乳腺超音波
子宮 子宮頸部細胞診 ヒトパピローマウイルス
(HPV)検査
経膣超音波
卵巣 腫瘍マーカー(CA125)    
前立腺 腫瘍マーカー(PSA)    
全身(非特定) 腫瘍マーカー(CEA) PET/CT  
その他 血液 尿  

検診コースの違いについて

国立がん研究センターが実施しているそれぞれのがん検診コースの比較については、こちらの検査一覧をご覧ください。

注意事項

  • 大腸の検診では腸管をきれいにするための前処置を行っていただきます。前処置の方法は、内視鏡・CTでそれぞれ異なりますが、予約完了時にお送りする「検診受診の手引き」にてご案内いたします。
  • 内視鏡検診において、内視鏡カメラを経口から挿入することが困難な場合は経鼻内視鏡への変更が可能です。
  • 食道・胃内視鏡検査では、検査中に病変が発見されても、その場での治療(ポリペクトミー等)は行いません。大腸内視鏡検査では、術者が安全に切除できると判断した場合に限り、別途料金をいただき実施します。詳細は「大腸内視鏡」の項目をお読みください。
  • 内視鏡検診については、受診者様の体調等により日程を変更させていただく場合があります。また、当日血圧の高い方は、場合により検診を中止させていただくことがありますのでご了承ください。
  • 単独検診コース(消化管がん)の食道・胃および大腸の検診方法は、いずれも内視鏡のみとなります。
  • 単独検診コースでは、PET/CTコースのみ腫瘍マーカーを実施します。その他の単独検診コース(肺がん、乳がん、消化管がん、上部消化管がん内視鏡、大腸がんCT、子宮がん)では、腫瘍マーカーは実施しません。
  • 検診時における受付開始時間、薬、飲食等についての詳細については、各コース詳細ページの「薬・健康補助食品について」「飲食について」の項目をご覧ください。