コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 薬剤部 > その他 > 【患者さん用】新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための電話診療による院外処方箋の対応について

【患者さん用】新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための電話診療による院外処方箋の対応について

更新日 : 2020年6月22日

当院では新型コロナウイルス感染症拡大防止のため電話診療による院外処方箋対応を2020年4月1日より実施しております。
つきましては、電話診療における注意事項を以下にお示しいたしますのでご確認の上、お薬が必要な場合には担当医にご連絡いただき電話による診察をお受け下さい。

〇電話診療により院外処方箋対応が可能な患者さん

・他院での受診が難しく、当院で継続して治療を受ており、かつ症状が落ち着いている患者さん

・手元に残っているお薬に余裕があり、お薬が手元に届くまでに約3~5日間ほどお待ちいただける患者さん

〇電話診療による院外処方箋対応が可能なお薬

担当医が電話診療での処方が必要と判断した薬のうち以下にあてはまる場合

・3カ月以上処方継続がされていて、副作用がでていない抗がん剤

・ホルモン剤

・今まで当院で処方されたことがあるお薬。ただし、麻薬を除く

注)インスリン治療の針等の器具は院内処方として当院から宅配(送料着払い)で対応いたします

 

電話診療による院外処方箋対応にあたって患者さんにお願いしたいこと

1.担当医の電話診療の後(翌日以降になります)担当医にお伝えいただいた電話番号に薬剤師がお電話いたします。その際に、お薬手帳をご準備下さい。院外処方箋で薬を出してもらう「かかりつけ薬局」の薬局名、住所、電話番号、FAX番号を確認させていただきます。

2.患者さんに電話での確認が取れた後、薬剤師から「かかりつけ薬局」へ連絡を行い、必要事項について確認をいたします。その後、当院から院外処方箋を「かかりつけ薬局」へFAXを送信いたします。手続き等の都合上お薬がお手元に届くまでに多少お時間(35日間ほど)がかかりますので予めご承知おき下さい。

3.FAX送信が終了した院外処方箋は、当院の会計で処理を行った後「かかりつけ薬局」へ郵送いたします。(郵送料は次回来院時にご請求させていただきます。)

4.お薬の受け取り方法等に関しては「かかりつけ薬局」とご相談下さい。

患者さんからのお問合せ先

当院診療における新型コロナウイルス感染症に関する患者さんからのお問い合わせ