コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 地域連携 > 医療者向けセミナー等

医療者向けセミナー等

中央病院地域連携webセミナー

中央病院では、医療連携強化を目的として、最新の当院のがん診療について「地域連携webセミナー」を開催し、情報提供およびご紹介くださる先生方と交流を行っております。

対象:医師従事者

2021年9月29日(水曜日)19時00分から19時40分

テーマ 『赤い皮膚がん、黒い皮膚がん。注意すべき皮膚と粘膜の変化について』

一口に皮膚がんと言ってもその分類は何十種類にも及びます。3大皮膚がんのうち有棘細胞がんは赤い皮膚がんの代表、基底細胞がんは治りやすい黒いがん、悪性黒色腫は悪性度の高い黒いがんです。また悪性黒色腫は皮膚だけでなく鼻腔、口腔内や外陰、肛門などの粘膜にも生じます。これら代表的は皮膚がんでさえ適切な情報の少ないのが現状です。さらに希少な皮膚がんを含め私のお話が少しでも今後の診療のお役に立つように努めたいと思います。

講演者

国立がん研究センター中央病院 皮膚腫瘍科 科長 山崎 直也

参加方法

下記URLまたはQRコードより事前登録ください
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_zQUfp1Q5TT-ggVGBAIxJgA
hifusyuyoukaqr.png

2021年10月21日(木曜日)19時00分から19時40分

テーマ 『手足の腫瘍ー最新の治療』

私共の診療科(骨軟部腫瘍・リハビリテーション科)は、その名の通り、骨や軟部組織(脂肪、筋肉、血管、神経など)に発生した腫瘍の診断と治療を行うとともに、多くのがん患者さんのリハビリテーションを担当しています。骨軟部腫瘍は手や足に発生することが多く、以前は、悪性の場合には切断を余儀なくされることがしばしばありましたが、最近では、多くの症例で手足を残して(患肢温存)治療を行えるようになっています。講演では、最近の治療法やその成績について分かりやすくご紹介させていただきたいと思います。

講演者  

国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍・リハビリテーション科 科長 川井 章

参加方法 

下記URLまたはQRコードより事前登録ください。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_xXtTeAvrSRCwzpOsv9CIAg
kotunanqr.png


 医療連携のための情報交換会

2021年11月25日(木曜日)開催予定


病病連携セミナー「Onco-Medicine Conference」

東京都済生会中央病院、国立がん研究センター中央病院、がん研究会有明病院 3病院の共催で、がん診療に関連する病態・疾患に関する勉強会を始めました

対象:医療従事者

【終了】第2回 2021年9月7日 火曜日 18時30分から20時20分

講演テーマ

 『がんと糖尿病』 
  講師:がん研究会有明病院 糖尿病・代謝・内分泌内科副部長 北澤 公 先生 

 『がんと脳卒中』
  講師:東京都済生会中央病院 脳神経内科医長 大木 宏一 先生

 『がんと心臓病・血栓症』
  講師:国立がん研究センター中央病院 総合内科(循環器内科)医長 岩佐 健史