コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > お知らせ一覧 > 面会禁止についてのお願い

面会禁止についてのお願い

掲載日:2020年3月10日
更新日:2020年3月27日

がん患者は免疫力が低下しているため、新型コロナウイルス感染症にかかると重篤になりかねません。したがって、当院では入院患者の面会を禁止しております。
緊急、治療説明、手術、終末期等で面会を要する場合を除き、面会をお断りしております。 

入退院時や荷物を持参する場合等は、事前に病棟へご連絡いただき、その際は最少人数でお越しください。

なお、荷物受け渡しの場合は病室には入れませんので、病棟受付に荷物を預けてください。

ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

People with cancer are among those at higher risk of developing complications if infected with coronavirus. Due to the increasing number of coronavirus cases in Japan, we need to take extra measures to protect our patients. As incoming traffic to the hospital needs to be reduced, we must ask that no patient visits take place for now, unless there are matters of urgency, consultations on treatments, operations, and at end of life stages. 

If accompanying an inpatient checking in/leaving, or bringing in goods for a patient, please contact the ward beforehand, and come in as the smallest group of people possible. Please understand that goods/parcels must be left at the reception desk of each ward, for delivery to the patient by staff.

Your kind understanding and cooperation is appreciated.
 

由于癌症患者的免疫力低下,患上新型冠状病毒的话,病态很有可能变得严重。因此,本院禁止探访住院患者。除了紧急、治疗说明、手术、末期等需要探访的情况外,谢绝探访。

住院出院或携带行李时,请事先联系病房,届时请最少人数来。