コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > お知らせ > 当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について 4月14日発生分

当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について 4月14日発生分

2020年4月15日
国立がん研究センター中央病院

今般、国立がん研究センター中央病院の非常勤職員1名が、新型コロナウイルスに感染したことを4月14日に確認しました。

当該職員は、3月29日から関連症状がみられ自宅にて静養していました。その間、一度症状の改善がみられたものの、再度悪化したことから診療所を受診し肺炎の診断を受け、PCR検査の結果、陽性が確認されました。

当該職員は、秘書業務を行う事務職員で、病院棟とは別の棟に勤務しており、患者さんとの接触はありません。また、発症前の3月28日から勤務しておらず、他の職員との濃厚接触もなく、関連症状を有する職員もおりません。

したがって、本件による中央病院の診療への影響はありません。

皆様にはご心配、ご迷惑をおかけいたしますが、感染拡大防止に全力で努めております。何卒ご理解のほどをよろしくお願い申し上げます。