コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 人材募集 > 築地キャンパス 募集情報 > 国立がん研究センター 革新的がん医療実用化事業サポート機関
研究倫理担当者(任期付き常勤職員)の募集について

国立がん研究センター 革新的がん医療実用化事業サポート機関
研究倫理担当者(任期付き常勤職員)の募集について

国立がん研究センターは日本医療研究開発機構(AMED)における革新的がん医療実用化研究事業のサポート機関(http://www.amed.go.jp/koubo/010320170706.html)(外部サイトへリンクします)に採択され、革新的なアカデミア発の医薬品・医療機器開発の戦略的サポートを行っています。

革新的がん医療実用化事業サポート機関における研究倫理担当者は、同事業における研究が抱える倫理的課題をクリアするために規制対応を中心とした研究倫理コンサルテーションを提供します。これまでに医学研究に対する研究倫理支援や倫理審査委員会業務等の経験のある方で、日本全体の開発戦略の支援・推進に携わってみたいという意欲のある方は是非ご応募ください。

職名および人数

国立がん研究センター 革新的がん医療実用化事業サポート機関 研究倫理担当者(任期付き常勤職員) 1名

職務内容

革新的がん医療実用化研究事業サポート機関に関する下記の研究倫理コンサルテーション業務。

  • 研究倫理支援(研究事業の遂行過程において発生する倫理的課題への対応相談)
  • 研究倫理支援業務を実行するために有用な手続やフレームワークの提案
  • その他

応募資格

  1. 医学研究に対する研究倫理支援業務の経験があること
  2. 特に規制対応に資する法務業務に関する資格及び実務経験があること、または、研究倫理審査委員会の実務経験があることが望ましい
  3. 当センターの理念・基本方針を理解し、職務に誠実かつ積極的に取り組む意欲があり、他の職員と協調して業務を遂行する能力があること

処遇等

  • 身分
    常勤職員(任期付き常勤職員)
  • 勤務時間
    勤務日:週5日(月曜日から金曜日、土日祝日を除く)
    勤務時間:週38時間45分(平日:8時30分から17時15分)
  • 給与等
    当センター職員給与規程により決定
    (学歴、職歴により算出します。内定後、算出に必要な提出書類があります。)
    交通費等各種手当、厚生労働省第二共済、厚生年金(第2号)、雇用保険、年2回賞与、有給休暇、その他特別休暇など)
  • 退職手当:無

雇用期間

採用日の属する年度末まで

注:当センターの運営状況を鑑み、かつ、勤務成績が不良でない場合は任用更新審査により更新していきます(現時点での研究費財源状況により採用年度を含む最大3年度期間雇用可能(財源状況によりさらに延長の可能性有)(定年は60歳))。
また、採用日から6ヵ月間は試用期間となります。

採用年月日

随時

注:応相談

提出書類

  1. 履歴書(写真添付)
    注:自作・市販のもの(A3またはA4判)で結構です。
    注:学歴は義務教育後(高等学校等入学から)の記載をしてください。
    注:メールアドレスの記載をしてください。
  2. 最終学歴の卒業証書の写し、または卒業証明書
    注:A4判に縮小
  3. 職務経歴書(職務内容を記載のこと)
    注:任意書式(A4判)
  4. 志望理由書(400文字以内)
    注:任意書式(A4判)
    注:提出書類は責任破棄します。

提出締切日

随時 

選考方法

書類選考を行ったのち、対象者に面接選考を行います。

書類提出先

郵便番号:104-0045 東京都中央区築地5-1-1
国立研究開発法人国立がん研究センター人事部人事課人事係
電話番号:03-3542-5201 (内線:2116)

(提出書類は封筒に「革新的がん医療実用化サポート機関 研究倫理担当者 応募書類」と朱書きし、簡易書留など受け取り確認のできる方法にてお送りください。)