コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > お知らせ > 新研究棟建設事業について

新研究棟建設事業について

新研究棟
完成イメージ図

新研究棟の建設概要

概要

名称   新研究棟
敷地面積 9,944.66 平方メートル
建築面積    2,700 平方メートル
延床面積    33,500 平方メートル
構造    鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免振構造
高さ           75m
階数    地上14階
建築工事 清水建設株式会社 
設計監理監修業務 株式会社久米設計

工事スケジュール

平成26年  6月 予防検診センター 解体作業開始
平成27年  5月 新研究棟 新築着工
平成27年12月   外装工事開始
平成28年  2月 空調設備導入
平成28年  5月 大型研究機器導入
平成29年  3月 新研究棟竣工
平成29年  4月 引っ越し 平成29年 7月 本格稼働開始

 

ごあいさつ

人類にとって最大の難敵であるがんを克服するためには、がんの本態を明らかにし、死亡率の低下に繋がる革新的な予防法ならびに早期診断マ-カ-を開発するとともに、がんの個性の理解にもとづいた個々人に最適化された治療法を見出すことが喫緊の課題です。これらの課題克服を加速するために平成29年3月に竣工する新研究棟では、がんの本態を明らかにする基礎研究とともに臨床部門(中央病院・東病院)および診断・製薬企業との協働し革新的医療開発を目指した新しいがん研究を推進することで、「医療ニーズに基づく患者のためのがん研究」を行います。

平成28年4月
国立研究開発法人国立がん研究センター
研究所副所長 落合 淳志 

 

ご寄付のお願い

Endeavor
-がん研究の新領域開拓とがん医療の革新 私たちと共にめざしませんか-

進捗日記

平成28年3月10日の進捗

平成28年4月6日の進捗

平成28年5月11日の進捗

平成28年6月1日の進捗

平成28年7月6日の進捗

平成28年9月5日の進捗

平成28年10月5日の進捗