コンテンツにジャンプ
がん対策情報センター

トップページ > 各部の紹介 > がんサバイバーシップ支援部 > イベント案内一覧 > 2016年7月4日:第6回がんサバイバーシップオープンセミナー

2016年7月4日:第6回がんサバイバーシップオープンセミナー

「がんを体験した「こころ」のケア ~三人称の視点から~」

  • 受付終了しました

今回のテーマは、がんを体験した「こころ」のケアです。

国立がん研究センター中央病院 精神腫瘍科・緩和ケアチームの清水 研先生にお話しいただきます。

  • 清水先生からのメッセージ

現代社会において「死」にまつわる考えは遠ざけられがちなので、現在の自分とは縁遠いことと感じがちです。ですので、生命を脅かす病気である「がん」に罹患することにより、がん罹患以前の価値観やライフプランが大きく揺らぐような体験をされる方も、多くいらっしゃるように思います。がん罹患後、「一人称の体験」として大混乱の真っ只中の方もいらっしゃるでしょうし、新しい状況にご自身なりの道筋を見出した方もいるかもしれません。本セミナーにおいては、「サイコオンコロジー(がんとこころの医学)」の専門家の立場から、「三人称の視点」におけるがん体験後の心理、苦痛への対処方法、病院で受けるこころのケア、などについて概説します。

みなさまのご参加をお待ちしております。


プログラム

  • 開会の挨拶
    がんサバイバーシップ支援部長 高橋 都
  • 講演
    精神腫瘍科長 清水 研
  • 質疑応答 (司会進行 高橋 都)
第6回がんサバイバーシップオープンセミナー

上記、セミナー案内は関連ファイル「第6回がんサバイバーシップオープンセミナー」をご参照ください。

日時

2016年7月4日(月曜日)18時から19時30分 (開場17時30分)

場所

特別会議室

定員

100名

参加費

無料

参加方法 

事前申込制(受付は終了いたしました。)

お問い合わせ

がんサバイバーシップオープンセミナー事務局
(がんサバイバーシップ支援部)  
ファクス:03-3547-6627
メール: cis-sr-cafe●ml.res.ncc.go.jp(●を@に置き換えください)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。