がん臨床情報部 << 国立がん研究センターがん対策情報センター

がん臨床情報部(旧・がん政策科学研究部)



がん臨床情報部では、質の高い検討とデータを結集した科学的根拠でがん対策を支えます。

活動

医療体制や臨床現場の多様な課題の解決し、必要な医療が必要な患者に提供される体制を構築するための検討(ヘルスサービスリサーチ)を行うと共に、そのような検討のためのデータベースの構築などの体制整備を行います。

●がん医療の質やがん対策の現状を検討するための基礎データの収集を行い、それをもとに問題提起・提言を行うと共にデータベースの整備を行います。
   現在、がん登録、拠点病院現況報告、また保険請求情報など、様々なデータが地方レベル、国レベルで集められていますが、独立して存在しており、統合して解析される機会が少ないのが現状です。これらを整理してデータの質の検証を行い、解析を通じてがん医療、社会の現状を把握します。まとめたデータは関係各者へフィードバックすると共に、がん対策情報センター各部と協力して発信し、がん対策の推進のために活用します。

●適切な医学知見・知識に基づく医療を臨床現場の患者に円滑に届けることを目的として、有効な医療体制の構築・維持に向けた検討を行います。
  医学の進歩は日進月歩であり、日々、新しい技術が開発され応用されています。しかし、新技術が、日本全国の医療現場へ円滑に届くまでには、制度的、社会的、文化的、心理的、その他様々な壁を超えていかなければなりません。基礎検討から臨床現場への応用を助ける検討を橋渡し検討(translational research)といいますが、先進的な臨床現場から、次に全国の第一線の現場へ届けるための要因や検証を行う検討は第2段階の橋渡し検討といわれるようになってきました。そのような検討分野はヘルスサービスリサーチとよばれ、政策、制度構築のためのよりどころとなるもので、当部でも積極的に行っていきます。

●内外の知見や専門家の意見を客観的に集約し、中立な立場で政策提言を行います。
  がん対策における課題について、関係各者の意見を聴取し、客観的な手法による集約あるいは、データの裏付けを用いた上でまとめ、中立的な立場からの提言として発信します。

スタッフ

使命と活動目標

プロジェクト

<お問い合わせ>
国立研究開発法人 国立がん研究センター 〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1
がん対策情報センター がん臨床情報部 E-mail: