コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > オランダ保健・福祉・スポーツ大臣とのラウンドテーブルディスカッションに参加しました。

オランダ保健・福祉・スポーツ大臣とのラウンドテーブルディスカッションに参加しました。

2016年10月21日、オランダ大使館において、健康イノベーションをテーマとするラウンドテーブルディカッションが開催されました。

この会議は、日本-オランダ両国において人口構造の変化による社会への負担が増す中、医療の質の向上やコスト抑制のために求められるイノベーションについて議論するものです。

会議の冒頭では訪日オランダ経済使節団を代表して、エーディット・スキッパーズ保健・福祉・スポーツ大臣がスピーチを行ないました。当センターからは石川ベンジャミン光一臨床経済研究室長(社会と健康研究センター)が出席して、急速に進む人口構造の変化に対応して保健医療提供体制を変革していくための情報技術とビッグデータの活用についてわが国の状況を紹介し、活発な議論が交わされました。

エーディット・スキッパーズ保健・福祉・スポーツ大臣(左から3人目)の画像

エーディット・スキッパーズ保健・福祉・スポーツ大臣(左から3人目)
石川ベンジャミン光一臨床経済研究室長(右から2人目)