コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > グループ紹介 > 臨床腫瘍病理分野(柏) > 藤井 誠志

藤井 誠志

sfujii.jpg

分子生物学的な解析から病理形態の分子基盤が明らかにされ、病理組織学的な着想が分子生物学的なメカニズムの解明に結びつくと考えています。分子生物学的な視点と病理組織学的な視点が融合する研究を目指し、がん細胞のヒストン適応による合目的な形質獲得機構の解明と、臨床において求められる病理学的な視点を活用する研究を2つの柱としています。

職名

  • 臨床腫瘍病理分野 ユニット長
  • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 連携准教授

専門領域

  • 人体病理
  • 実験病理

キーワード

  • ヒストン 
  • 扁平上皮癌 
  • オートファジー 
  • エピジェネティクス 
  • 頭頸部がん 
  • 乳がん 
  • 食道癌 
  • 消化器がん 
  • 放射線障害

現在の主な研究テーマ

  • がん細胞のヒストン適応 
  • 新しい診断学、治療学を構築する研究 共同研究 可能なテーマ 
  • がんのエピジェネティクス 
  • 臨床において求められる病理学的な視点を活用する研究

Email

sfujii●east.ncc.go.jp(●を@に置き換えください)

略歴

  • 1994年 広島大学医学部 卒業 
  • 1998年 広島大学大学院医学系研究科 博士課程 修了
  • 1998年 国立呉病院  臨床検査科病理 医員
  • 1999年 広島大学医学部 病理学第二講座 助手
  • 2001年 米国 MD Anderson Cancer Center 博士研究員
  • 2004年 広島大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学研究室 助手 / 広島赤十字・原爆病院 病理部 医員 
  • 2005年 国立がんセンター東病院臨床開発センター 臨床腫瘍病理部 細胞動態室長
  • 2012年 現職

主な所属学会

  • 日本癌学会(評議員)
  • 日本病理学会(学術評議員)
  • 日本頭頸部癌学会(病理委員会委員長、表在癌委員会委員)
  • 日本食道学会(内視鏡検討委員会委員) 
  • 日本乳癌学会 
  • 日本消化器癌発生学会 
  • 日本臨床細胞学会(日本臨床細胞学会教育研修施設指導責任者) 
  • American Association for Cancer Research

主な論文

  1. Fujii S, Yamashita S, Yamaguchi T, Takahashi M, Hozumi Y, Ushijima T, Mukai H. Pathological complete response of HER2-positive breast cancer to trastuzumab and chemotherapy can be predicted by HSD17B4 methylation. Oncotarget. 8:19039-19048, 2017
  2. Mitani S, Tomioka T, Hayashi R, Ugumori T, Hato N, Fujii S. Anatomic Invasive Depth Predicts Delayed Cervical Lymph Node Metastasis of Tongue Squamous Cell Carcinoma. Am J Surg Pathol. 40:934-42, 2016.
  3. Fujii S, Fukamachi K, Tsuda H, Ito K, Ito Y, Ochiai A. RAS oncogenic signal upregulates EZH2 in pancreatic cancer. Biochem Biophys Res Commun, 417:1074-1079, 2012
  4. Fujii S, Tokita K, Wada N, Ito K, Yamauchi C, Ito Y, Ochiai A. MEK-ERK pathway regulates EZH2 overexpression in association with aggressive breast cancer subtypes. Oncogene, 30:4118-4128, 2011
  5. Fujii S, Yamazaki M, Muto M, Ochiai A. Microvascular irregularities are associated with composition of squamous epithelial lesions and correlate with subepithelial invasion of superficial-type pharyngeal squamous cell carcinoma. Histopathology, 56:510-522, 2010
  6. Fujii S, Mitsunaga S, Yamazaki M, Hasebe T, Ishii G, Kojima M, Kinoshita T, Ueno T, Esumi H, Ochiai A. Autophagy is activated in pancreatic cancer cells and correlates with poor patient outcome. Cancer Sci, 99:1813-1819, 2008
  7. Fujii S, Ito K, Ito Y, Ochiai A. Enhancer of zeste homologue 2 (EZH2) down-regulates RUNX3 by increasing histone H3 methylation. J Biol Chem, 283:17324-17332, 2008
  8. Fujii S, Ochiai A. Enhancer of zeste homolog 2 downregulates E-cadherin by mediating histone H3 methylation in gastric cancer cells. Cancer Sci, 99:738-746, 2008
  9. Fujii S, Luo RZ, Yuan J, Kadota M, Oshimura M, Dent SR, Kondo Y, Issa JP, Bast RC Jr, Yu Y. Reactivation of the silenced and imprinted alleles of ARHI is associated with increased histone H3 acetylation and decreased histone H3 lysine 9 methylation. Hum Mol Genet, 12:1791-1800, 2003

PubMedで論文一覧を見る(外部サイトへリンクします)

その他

  • 第56回日本病理学会(2010年)学術研究賞演説(A演説)
  • 日本病理学会 病理専門医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 当院病理診断の担当臓器(責任者):頭頸部、乳腺、消化管(食道)、骨軟部、婦人科、皮膚
  • 国立がん研究センター東病院 日本臨床細胞学会教育研修施設指導責任者
  • GI-SCREEN SCRUM Japan 事務局 研究主任病理医
  • がん情報サービス 外科病理診断の手引き「中・下咽頭における表在性扁平上皮病変の病理組織学的診断」(NCC管轄サイトへリンクします。)