コンテンツにジャンプ
希少がんセンター

トップページ > さまざまな希少がんの解説

さまざまな希少がんの解説

患者数が少なく、「まれ」ながんを希少がんといいます。代表的な希少がんの概要、診断、治療などを解説しています。

領域別もくじ

脳・脊椎領域

眼領域

頭頸部領域

呼吸器・縦隔領域

消化器領域

肝胆膵領域

内分泌領域

泌尿器・生殖器領域

後腹膜領域

皮膚領域

肉腫

血液・リンパ領域

原発不明

小児の腫瘍

その他

50音別もくじ

  • 悪性胸膜中皮腫(あくせいきょうまくちゅうひしゅ)
  • 悪性骨巨細胞腫(あくせいこつきょさいぼうしゅ)
  • 悪性末梢神経鞘腫瘍(あくせいまっしょうしんけいしょうしゅよう)
  • 悪性腹膜中皮腫(あくせいふくまくちゅうひしゅ)
  • 悪性リンパ腫(あくせいりんぱしゅ)
  • アダマンチノーマ(あだまんちのーま)
  • 横紋筋肉腫(おうもんきんにくしゅ)

  • 外陰がん(がいいんがん)
  • 回腸がん(かいちょうがん)
  • 滑膜肉腫(かつまくにくしゅ)
  • 眼窩肉腫(がんかにくしゅ)
  • 眼瞼腫瘍(がんけんしゅよう)
  • 眼腫瘍(がんしゅよう)
  • 眼内リンパ腫(がんないりんぱしゅ)
  • 眼付属器リンパ腫(がんふぞくきりんぱしゅ)
  • 希少がん(きしょうがん)
  • 嗅神経芽細胞腫(きゅうしんけいがさいぼうしゅ)
  • 胸腺がん(きょうせんがん)
  • 胸腺腫(きょうせんしゅ)
  • 空腸がん(くうちょうがん)
  • 血管肉腫(けっかんにくしゅ)
  • 原発不明がん(げんぱつふめいがん)
  • 口腔がん(こうくうがん)
  • 後腹膜の肉腫(こうふくまくのにくしゅ)
  • 肛門がん(こうもんがん)
  • 骨巨細胞腫(こつきょさいぼうしゅ)
  • 骨原発の血管肉腫(こつげんぱつのけっかんにくしゅ)
  • 骨原発の線維肉腫(こつげんぱつのせんいにくしゅ)
  • 骨原発の平滑筋肉腫(こつげんぱつのへいかつきんにくしゅ)
  • 骨軟骨腫(こつなんこつしゅ)
  • 孤立性線維性腫瘍(こりつせいせんいせいしゅよう)

  • 体幹の肉腫(たいかんのにくしゅ)
  • 単純性骨嚢腫(たんじゅんせいこつのうしゅ)
  • 淡明細胞肉腫(たんめいさいぼうにくしゅ)
  • 腟がん(ちつがん)
  • 聴器がん(ちょうきがん)
  • デスモイド腫瘍(ですもいどしゅよう)
  • 頭頸部の肉腫(とうけいぶのにくしゅ)
  • 動脈瘤様骨嚢腫(どうみゃくりゅうようこつのうしゅ)

  • 内軟骨腫(ないなんこつしゅ)
  • 軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)
  • 軟部の肉腫(なんぶのにくしゅ)
  • 肉腫(にくしゅ)
  • 乳房外パジェット病(にゅうぼうがいぱじぇっとびょう)
  • 尿膜管がん(にょうまくかんがん)
  • 粘液線維肉腫(ねんえきせんいにくしゅ)
  • 脳腫瘍(のうしゅよう)

  • ユーイング肉腫(ゆーいんぐにくしゅ)
  • 有棘細胞がん(ゆうきょくさいぼうがん)

  • 類上皮肉腫(るいじょうひにくしゅ)
  • 涙腺がん(るいせんがん)