コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 研究支援センター > 生命倫理部 > 被験者保護室

被験者保護室

概要

被験者保護室では、各種倫理審査委員会 (注)事務局業務を担当しています。現在、人を対象とする研究を実施する際には、研究開始前に研究計画の倫理的・科学的妥当性について審査を受けることが必須とされおり、これら委員会では研究者からは独立した立場から審査を行っています。

注:研究倫理審査委員会(人を対象とする医学系研究に関する倫理指針、ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針)
遺伝子治療臨床研究審査委員会(遺伝子治療等臨床研究に関する指針)
治験審査委員会(医薬品GCP省令、医療機器GCP省令、再生医療等製品GCP省令、他)

被験者保護室では委員会において一貫性のある適切な審査が行われるように看護師・薬剤師・臨床検査技師などの医療職と倫理審査業務に関する教育・訓練を受けた事務職が協力して業務を担当しています。

スタッフ

室長

山下 紀子

室員(審査事務担当)

  • 高橋 邦子
  • 大藤 弥生
  • 谷口 幸代
  • 石田 智子
  • 榎本 法恵
  • 尾崎 雅彦(東病院倫理審査事務室からの併任)
  • 原田 裕紀(東病院倫理審査事務室からの併任)
  • 近江 理香(東病院倫理審査事務室からの併任)
  • 中島 晴美(東病院倫理審査事務室からの併任)
  • 矢島 寿美子(東病院倫理審査事務室からの併任)

注:治験審査委員会事務局業務の担当者はこちら(中央病院東病院