コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > セミナー・イベント > 希少がん Meet the Expert > オンライン 希少がん Meet the Expert > 第26回 IVR(画像下治療/放射線カテーテル治療)-2ミリメートルの針穴から希少がんにアプローチ-

国立がん研究センター×北海道大学第26回 IVR(画像下治療/放射線カテーテル治療)-2ミリメートルの針穴から希少がんにアプローチ-

更新日 : 2023年11月10日

公開日:2023年10月16日

国立がん研究センタートップページ  
中央病院トップページ  
東病院トップページ

 第26回 IVR(画像下治療/放射線カテーテル治療)

患者さんをはじめ、そのご家族の方、医療者の方、希少がんなどについて学びたい方など、どなたでもご参加いただけます。

日時

2023年11月10日金曜日 18時30分から19時30分(18時開場)

参加方法

オンライン配信 Zoomウェビナー 事前予約制

プログラム

司会進行

加藤 陽子(国立がん研究センター 希少がんセンター・希少がん中央機関)

開会挨拶

西舘 澄人(一般社団法人 日本希少がん患者会ネットワーク 副理事長/NPO法人 GISTERS 理事長)

講演

【神経内分泌腫瘍に対する経動脈治療】
阿保 大介(北海道大学病院 放射線部 准教授)

【希少がんに対するアブレーション治療】
菅原 俊祐(国立がん研究センター 中央病院 放射線診断科 医長)

★メッセージ★
IVRとは、インターベンショナル・ラジオロジー(Interventional Radiology)の略で、画像下治療という和名があり、X線透視やCTなどの画像でからだの中を見ながらカテーテルや針を使って行う治療のことです。
2ミリメートル程度の小さな傷から病変にアプローチする低侵襲治療で、希少がんの治療にも活用されています。

Q&A

講師:曽根 美雪(国立がん研究センター 希少がんセンター/中央病院 放射線診断科 医長・IVRセンター長)

ゲスト:橋本 篤士(NPO法人 GISTERS)

ゲスト:橋本 利栄子(NPO法人 GISTERS)

閉会挨拶

遠藤 誠(九州大学病院 希少がんセンター 副希少がんセンター長/整形外科 講師)

主催

国立がん研究センター 希少がんセンター・希少がん中央機関

共催

・国立がん研究センター希少がんグラント 「希少がん患者の医療情報ニーズ検索および患者会支援団体との連携・協働を通した希少がんの情報提供手段に関する研究(加藤班)」

・国立がん研究センター研究開発費 「希少がん医療におけるエビデンスの創出と活用に関する研究(川井班)」

・厚生労働科学研究費 がん対策推進総合研究事業 「希少がん診療・相談支援におけるネットワーク構築に資する研究(川井班)」

定員

500名

参加費

参加費無料、どなたでもご参加いただけます。

開催報告 

準備中。

お問い合わせ

 希少がんセンターお問い合わせ