コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究所について > 基盤的臨床開発研究コアセンター(FIOC:Fundamental Innovative Oncology Core)

基盤的臨床開発研究コアセンター(FIOC:Fundamental Innovative Oncology Core)

FIOCセンター長挨拶

FIOCの活動と機能

FIOCは基礎研究と臨床との橋渡しを推進することを目的に設置された組織であり、現在は以下のような活動を行なっています

  1. バイオリソース(患者由来がんモデル)の開発
    抗悪性腫瘍薬の開発に用いるがんモデルとして、様々ながん種のPDX株、オルガノイド株、細胞株を樹立しています(下記、「患者由来バイオリソース」をご覧下さい)。また、これらを用いた薬効評価の支援も行っています。
  2. コアファシリティとしての研究支援
    国立がん研究センターの研究者が行う基盤/開発研究に対して、各種オミックス解析、免疫学的解析、病理学的解析、動物実験などの支援を行っています。
  3. TR及びリバースTRの推進
    先端医療開発センター(EPOC)と連携し、抗悪性腫瘍薬/バイオマーカーの開発を目指した、TR(基礎から臨床への橋渡し研究)及びリバースTR(臨床から基礎への橋渡し研究)に取り組んでいます。
  4. 企業/アカデミアとの連携
    上記バイオリソースと、コアファシリティとしての研究支援基盤及び解析技術を活かし、企業/アカデミアとの共同研究を多数実施しています。

 研究支援活動

 共同研究

FIOCとの共同研究に興味のある方は、下記にご連絡下さい。

連絡先:fioc●ml.res.ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)

患者由来バイオリソース

研究支援基盤

バイオリソースコア

オミックスコア

創薬・疾患モデルコア

病態解析コア