麻酔・集中治療科 << 国立がん研究センター中央病院

電話番号 図

ご寄付のお願い
中央病院 > 診療科のご案内 > 麻酔・集中治療科

麻酔・集中治療科

1.麻酔・集中治療科について
2.診療について

1.麻酔・集中治療科について

 麻酔・集中治療科長
佐藤 哲文 (さとう てつふみ)   佐藤 哲文 (さとう てつふみ)
  専門医・認定医資格など:
日本麻酔科学会  指導医
日本集中治療医学会  専門医
日本心臓血管麻酔学会 暫定専門医
日本周術期経食道心エコー認定


 医長
木下 陽子 (きのした ようこ)   木下 陽子 (きのした ようこ)
  専門医・認定医資格など:
日本麻酔科学会 指導医




 医長
木下 陽子 (きのした ようこ)   新井 美奈子 (あらい みなこ)
  専門医・認定医資格など:
日本麻酔科学会 指導医




 医長
松三 絢弥 (まつみ じゅんや)   松三 絢弥 (まつみ じゅんや)
  専門医・認定医資格など:
日本麻酔科学会 専門医
日本集中治療学会 専門医



 医員
白石 成二 (しらいし せいじ)   白石 成二 (しらいし せいじ)
  専門医・認定医資格など:
日本麻酔科学会 指導医




 医員
鈴木 理恵 (すずき りえ)   鈴木 理恵 (すずき りえ)
  専門医・認定医資格など:





 医員
柴田 麻理 (しばた まり)   柴田 麻理 (しばた まり)
  専門医・認定医資格など:
日本麻酔科学会 専門医
日本集中治療医学会 専門医
日本周術期経食道心エコー認定


 医員
川口 洋佑 (かわぐち ようすけ)   川口 洋佑 (かわぐち ようすけ)
  専門医・認定医資格など:
日本麻酔科学会 専門医




 医員
朴 廣業 (いけがみ まりあ)   朴 廣業 (パク クアンオップ)
  専門医・認定医資格など:





 医員
松岡 美紗子 (まつおか みさこ)   松岡 美紗子 (まつおか みさこ)
  専門医・認定医資格など:





 医員
森田 菜摘 (もりた なつみ)   森田 菜摘 (もりた なつみ)
  専門医・認定医資格など:





 医員
稲野 千明 (いなの ちあき)  稲野 千明 (いなの ちあき)
  専門医・認定医資格など:





 非常勤
横川 陽子 (よこかわ のぶこ)   横川 陽子 (よこかわ のぶこ)
  専門医・認定医資格など:
日本麻酔科学会 指導医





国立がん研究センター中央病院麻酔・集中治療科は日本麻酔科学会の協力のもとに常勤医12名に非常勤医師を加えた体制で、手術室17室(MRI手術室、放射線治療手術室を含む)および集中治療室(8床)の管理・運営を行っています。

麻酔は手術患者さんを眠らせて痛みをとることだけではなく、手術中の呼吸・循環・代謝や体液管理、さまざまな有害反射に対する管理などを行っています。また術中だけでなく術後疼痛を含めて、痛みのない質の良い覚醒を目指して管理しています。

さらに侵襲の大きな手術や、重篤な合併症を抱える手術患者さんの管理を、周術期を通してトータルに管理できるように集中治療室の管理運営を麻酔・集中治療科によるクローズド管理で行っています。

2.診療について

麻酔:手術麻酔としては局所麻酔を除く年間約4500例の手術麻酔を麻酔科医が管理しています。当院の特徴として、がん専門病院であるためほぼ全ての手術が悪性腫瘍関連手術であり、全身麻酔管理の割合が多いことがあげられます。また胸腹部外科の開胸、開腹手術が非常に多いため、硬膜外麻酔併用全身麻酔を多く行っています。高度侵襲手術や長時間手術も多いため、集中治療室における術後管理も含めて周術期管理を行っています。

集中治療:当院では8床の集中治療ベッドを有しています。担当科と毎朝カンファレンスを行ったうえで麻酔・集中治療科によるクローズド管理を行っています。外科系患者が中心でしたが、敗血症や呼吸不全、急性腎機能障害など内科系の重症疾患も含めた院内すべての重症患者さんに対応しています。化学療法などに伴う免疫不全状態から感染症や臓器障害が重篤化し、集中治療が必要となる例もありますが、すべてのがん患者さんが安心して治療が受けられるようにサポートしています。

ICU入室患者数は年間約500例です。診療科別の内訳は食道外科、脳脊髄腫瘍科、頭頸部腫瘍科、肝胆膵外科などの侵襲の大きな外科系診療科が中心で、このほか内科系としては幹細胞移植科などです。内科系患者の入室期間は外科系より長く、より重症な症例が多い傾向にあります。

図1 全手術症例数と麻酔科管理症例数の推移

図2 2014年度麻酔法別内訳

●スタッフ募集について
当院は日本麻酔科学会の認定施設です。2017年度から日本麻酔科学会の専門医研修制度が変更されます。当院は2015年度から東京大学、東京女子医科大学、岡山大学の各大学病院の研修プログラムの研修基幹病院として登録しています。また同じナショナルセンターとして国立国際医療研究センターとも提携して研修プログラムを登録しています。それぞれの施設と連携して研修を受けることが可能です。サブスペシャリティとしての心臓血管麻酔、産科麻酔をのぞくほぼすべての手術麻酔を経験することが可能です。基幹施設との提携により、これらの麻酔経験も可能です。

また日本集中治療医学会の施設認定を受けています。麻酔科専門医および集中治療専門医をめざす若手麻酔科にとって、集中治療室での重症患者の診療経験も積むことが可能な施設です。麻酔や集中治療の研修だけでなく、がん専門病院における急性期部門の一翼を担っていただけるスタッフを広く募集しています。興味のある方は当院麻酔・集中治療科(tesatoh @ ncc.go.jp)までご連絡ください。