乳腺・腫瘍内科 << 国立がん研究センター中央病院
中央病院 > 診療科のご案内 > 乳腺・腫瘍内科

乳腺・腫瘍内科

1.乳腺・腫瘍内科について
2.診療について
3.研究について

1.乳腺・腫瘍内科について

 乳腺・腫瘍内科長 通院治療・センター長
田村 研治 (たむら けんじ)   田村 研治 (たむら けんじ) 外来診療日:月・木
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 認定内科医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
乳がん、婦人科がんなどの抗がん剤治療の専門家です。外科、放射線科など、他科とチーム医療を行っています。未承認薬の治験・臨床試験、抗悪性腫瘍薬の創薬に関係する研究にも従事しています。
 外来医長
清水 千佳子 (しみず ちかこ)   清水 千佳子 (しみず ちかこ) 外来診療日:月・火
  専門医・認定医資格など:
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
乳がんの薬物療法を中心とした診療と臨床研究を行っています。他の診療科・職種との円滑な連携、患者さんそれぞれのサバイバーシップを意識した診療を心がけています。
 中央病院 病棟医長
 中央病院 先端医療科医長
 中央病院 研究支援センター薬事管理室 室長
 センター 先進医療・費用対効果評価室 室長補佐
 センター 希少がん対策室 室員
米盛 勧 (よねもり かん)   米盛 勧 (よねもり かん) 外来診療日:火・水
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 総合内科専門医、認定内科医
日本臨床腫瘍学会 指導医、がん薬物療法専門医
日本呼吸器学会 専門医
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
厚生労働省認定臨床研修指導医
肉腫・原発不明がん・胚細胞腫・その他のまれな腫瘍の診療と新薬の治療開発(第I相試験)に力をいれています。
 医員 (希少がんセンター 併任)
温泉川 真由 (ゆのかわ まゆ)   温泉川 真由 (ゆのかわ まゆ) 外来診療日:水・木
  専門医・認定医資格など:
日本産科婦人科学会 専門医
日本臨床細胞学会 専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
産婦人科診療をベースに婦人科腫瘍・肉腫を中心に担当しています。 丁寧な診察を心がけています。
 医員 (希少がんセンター 併任)
野口 瑛美 (のぐち えみ)   野口 瑛美 (のぐち えみ) 外来診療日:水・金
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 認定内科医
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
マンモグラフィ精度管理中央委員会 読影認定医
乳がん、婦人科がん、肉腫などの薬物療法を行っています。患者さんに安全な医療を提供していけるよう心がけています。
 医員 (希少がんセンター 併任)
下井 辰徳 (しもい たつのり)   下井 辰徳 (しもい たつのり) 外来診療日:火・木
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 認定内科医
日本内科学会 総合内科専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
マンモグラフィ精度管理中央委員会 検診マンモグラフィ読影認定医
乳がん、婦人科がん、肉腫、希少がんの診療・化学療法を行っています。 療養や治療に伴って起こる問題にも、一緒に取り組ませていただきます。
 医員
下村 昭彦 (しもむら あきひこ)   下村 昭彦 (しもむら あきひこ) 外来診療日:月・火(午前)・金
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 外科専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本乳癌学会 乳腺専門医
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
マンモグラフィ精度管理中央委員会 検診マンモグラフィ読影認定医
乳がん、婦人科がん、肉腫、希少がんの診療を中心に、新薬の治療開発(第I相試験)も担当しています。チーム医療にも力を入れており、多職種と連携しています。一番良い選択肢を選べるよう、一緒に取り組んで行きましょう。
 がん専門修練医
北野 敦子 (きたの あつこ)   北野 敦子 (きたの あつこ) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 外科専門医
日本乳癌学会 乳腺専門医
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
マンモグラフィ精度管理中央委員会 読影認定医
厚生労働省認定 臨床研修指導医
乳がん、婦人科がん、肉腫・原発不明がん・胚細胞腫など乳腺・腫瘍内科にご入院された方の診療を主に行っています。がん患者さんの妊孕性温存など、患者さんそれぞれのサバイバーシップを意識した診療を心がけています。
 がん専門修練医
西川 忠曉 (にしかわ ただあき)   西川 忠曉 (にしかわ ただあき) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
婦人科がんの化学療法などを中心に、患者さんのご不安や社会的問題にも応えられるように努めています。
 がん専門修練医
大熊 ひとみ (おおくま ひとみ)   大熊 ひとみ (おおくま ひとみ) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 認定内科医
マンモグラフィ精度管理中央委員会読影認定医
乳がん、婦人科がん、肉腫、原発不明がん、その他の希少がんの診療を行っています。最適な医療の提供を心がけます。
 がん専門修練医
河知 あすか (かわち あすか)   河知 あすか (かわち あすか) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 認定内科医
乳がん、婦人科がん、原発不明がん、肉腫の治療に従事しております。患者さんの不安により沿いながら、最善の治療を提供できるよう心掛けております。

 副院長(研究担当)
 センター 執行役員企画戦略局長・先進医療・費用対効果評価室長
藤原 康弘 (ふじわら やすひろ)   藤原 康弘 (ふじわら やすひろ) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 認定内科医、指導医
日本呼吸器学会 専門医、指導医
乳がんの薬物療法、未承認薬を用いる臨床試験を主に担当しています。 再発されても心配いりません。当院の診療チームと一緒に、がんと仲良く付き合っていく道を見つけましょう。

開設当初の「内分泌内科」から「乳腺内科」を経て、2002年からは呼称が現在の「乳腺・腫瘍内科」となりました。これは、当科においては乳がんのみならず、婦人科がん(卵巣がん、子宮がん)の術後化学療法や再発時の薬物治療に加えて、胚細胞腫瘍、原発不明がんや軟部肉腫など、稀ながんであるために治療法がなかなか定まらない悪性腫瘍の治療まで含めて幅広い領域の固形がんの薬物療法を行っているからです。私たちは、患者さんに、包括的で、より先進的な医療を提供すると同時に、がんの治療や患者さんの生活の質の向上を目指した研究活動や、若手腫瘍内科医の育成にも力を入れています。

2.診療について

疾患別検査・治療待ち時間一覧はこちら

診療にあたっては、患者さんにがんの病状と治療への理解を深め、患者さんに治療に参加していただくことを大切にしています。治療方針に関しては、乳腺外科、放射線診断科、放射線治療科、形成外科、整形外科、脳外科、病理科、緩和ケア科などの関連する医師と十分なコミュニケーションをとりながら、総合的な視点で、最善と思われる方針を提案します。また抗がん剤の開発治験にも積極的に参画しており、国内未承認薬へのアクセスも豊富です。

患者さんが治療を行いながら生活していくことを支えるため、薬剤師、看護師、精神科医、臨床心理士、ソーシャルワーカーなど、他の専門職と積極的に連携し、患者さんがその専門的能力を最大限に活用できるよう心がけています。抗がん剤治療を行う場である通院治療センターとも緊密に連携しています。

具体的には、固形がんの薬物療法の多くは、外来通院での治療が中心になってきています。年間約8,000人の方の抗がん剤治療を外来(通院治療センター)で実施しています。また、患者さんががんや治療に伴うさまざまな症状に対応しながら安心して日常生活が送れるよう、連携パスを用いたり、相談支援センターやTokyo Breast Consortiumなどを通じて、地域の医療機関との連携体制づくりを大切にしています。また薬物療法に伴う外見上の変化は患者さんの社会生活を送る上で大きな問題になっていると考えています。当科は外見関連支援チームを支援し、コスメティック・プログラム(抗がん剤治療を受けている患者さんがかかえている外見美容に関する不安や悩みについて、美容ケアに詳しいスタッフがサポートとアドバイスを行う)を推進しています。

他の病院ですでに治療を開始されている患者さんについては、まずは相談対話外来での相談をお勧めします。

当科では、上記の診療活動に加えて、新薬の治験を含むさまざまな臨床試験をとおして、新しい治療法の開発に積極的に取り組んでいます(参照:「新薬と治験」)。国内の多施設の臨床試験グループでリーダーシップを発揮すると同時に、新規薬剤の開発(治験)に力を入れています。また、薬物療法の効果や抵抗性を予測するためのバイオマーカー研究や、がんの医療政策への提言を目ざした基盤研究などを行っています。これらの研究は以下の公的研究費を使って行われています。

乳腺・腫瘍内科 診療実績(疾患別初診患者数)
  2008 2009 2010 2011 2012
乳腺腫瘍 345 351 314 372 364
  乳がん 340 350 313 371 361
  乳腺その他 5 1 1 1 3
婦人科腫瘍 158 157 139 142 136
  卵巣がん 67 84 59 60 64
  子宮体がん 33 33 24 27 35
  子宮頸がん 36 33 28 23 19
  婦人科その他 22 7 28 32 18
その他腫瘍内科 237 231 177 187 223
  胚細胞・泌尿器科がん 72 46 15 4 5
  原発不明がん 76 96 84 96 106
  肉腫 30 45 45 54 78
  その他 59 44 33 33 34
合計 740 739 630 701 723

乳腺科・腫瘍内科 治療成績
  2003-2008年 症例数 1年生存割合 3年生存割合 5年生存割合
 0期 230 100% 99% 98%
 I 期 811 100% 99% 98%
 II 期 1,145 99% 96% 86%
 III 期 198 98% 84% 69%
 IV 期* 112 88% 51% 30%
 再発乳癌** 204 85% 60% 30%
* 初診時、遠隔臓器転移あり、未治療症例のみ
** 初再発の症例のみ


3.研究について

患者さんとさまざまな領域の研究者との協働により、新薬の開発、がんの病態に関する臨床研究、薬物療法の効果・副作用に関する基礎・臨床研究、基礎と臨床との橋渡し研究のほか、がん患者さんのサバイバーシップの支援のあり方に関する研究など、さまざまな研究を行い、国内外に発信しています。研究活動を通して、患者さんによりよい診療とコミュニケーション、より豊富な治療選択枝を提供したいと考えています。

1)がん治療に関連するもの

(1)厚生労働科学研究費補助金 難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業

・ 国立がん研究センターPhase Iセンター早期開発研究

(2)JST 分子イメージング研究戦略推進プログラム

・ 抗がん抗体の適合性評価のための分子イメージング臨床研究

(3)日本医師会 治験促進センター

・ 治療抵抗性再発・転移性のトリプルネガティブ乳癌に対するOlaparibと化学療法の併用療法の開発
・ 卵巣明細胞腺癌に対するテムシロリムスを含む化学療法の有効性および安全性に関する研究
・ 治験の実施に関する研究「オラパリブ」

(4)厚生労働省 がん研究開発費

・ 多施設共同研究の質の向上のための研究体制確立に関する研究
・ 国立がん研究センターにおける臨床試験等に付随して行う、不応・不耐症例の本態解明に基づく創薬・個別化医療開発
・ がん治療の早期開発試験および園研究体制確立に関する研究
・ 標準的治療をさらに進化させるための基盤研究
・ 高速シークエンス解析技術を応用した血中・体液中の遊離核酸によるがんの高感度分子診断法の基盤確立
・ 遺伝子変異等の情報を活用した個別化医療開発のための基盤構築

2)がん医療政策に関連するもの

(1)がん研究振興財団 余命1ヶ月の花嫁記念課題「乳がん」

・ 乳癌患者とその家族およびハイリスク若年女性に対する包括的支援プログラムのモデル構築に関するパイロット研究

(2)文部科学省 学術研究助成基金助成金(挑戦的萌芽研究)

・ 乳癌・卵巣癌患者における遺伝相談・遺伝子検査に関する情報提供支援プログラムの構築

(3)文部科学省 学術研究助成基金助成金(学術研究助成基金助成金)

・ 外見関連患者サポートプログラムの有効性の多面的検討に関する研究

(4)厚生労働科学研究費補助金(がん臨床 研究事業)

・ 若年がん患者を取り巻くがん診療・緩和治療支援の政策提言にする研究

(5)厚生労働科学研究費補助金(第3次対がん総合戦略研究事業)

・ 乳癌患者における妊孕性保持支援のための治療選択および患者支援プログラム・関係ガイドライン策定の開発

(6)厚生労働省 革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業

・ 分子イメージング技術を活用した有効性・安全性に関する評価方法