放射線診断科 << 国立がん研究センター中央病院
中央病院 > 診療科のご案内 > 放射線診断科

放射線診断科

1.放射線診断科について
2.診療について
3.研究について

1.放射線診断科について

 放射線診断科長 (理事長特任補佐 IVRセンター長 併任)
荒井 保明 (あらい やすあき)   荒井 保明 (あらい やすあき)
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 診断専門医
日本IVR学会 専門医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
IVRを専門とし、特に新しい治療法の開発や治療困難とされる病状の治療に積極的に取り組んでいます。
 医長
水口 安則 (みずぐち やすのり)   水口 安則 (みずぐち やすのり)
  専門医・認定医資格など:
日本超音波医学会 専門医、指導医


超音波診断を専門とし、主に腹部領域の診断を行っています。

 医長
飯沼 元 (いいぬま げん)   飯沼 元 (いいぬま げん)
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 診断専門医
日本がん検診・診断学会 認定医

消化管画像診断を専門とし、X線検査からCTを用いた最新の三次元診断の研究開発に取り組んでいます。
 医長 (希少がんセンター 併任)
伊藤 礼子 (いとう れいこ)   曽根 美雪 (そね みゆき)
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 診断専門医
日本IVR学会 専門医
日本がん治療認定医

IVRおよび腹部の画像診断を中心として診療に取り組んでいます。
 医長
栗原 宏明 (くりはら ひろあき)   栗原 宏明 (くりはら ひろあき)
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 診断専門医
日本核医学会 専門医
日本核医学会 PET核医学認定医

PET核医学を専門とし、新しいPET薬剤の開発に取り組んでいます。

 医長
内山 菜智子 (うちやま なちこ)   内山 菜智子 (うちやま なちこ)
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 診断専門医
日本核医学会 専門医
第1種放射線取扱主任者
がん検診を中心とした放射線診断業務および乳がんに関する新しい放射線診断機器の開発に取り組んでいます。
 医長
渡辺 裕一 (わたなべ ひろかず)   渡辺 裕一 (わたなべ ひろかず)
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 診断専門医


胸部画像診断を専門とし、臨床試験における治療効果判定にも取り組んでいます。
 医員
菊池 真理 (きくち まり)   菊池 真理 (きくち まり)
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 診断専門医
日本乳癌学会 乳腺専門医、指導医
検診マンモグラフィ読影認定医
乳腺領域の画像診断を専門とし、画像ガイド下のマーキングにも取り組んでいます。
 医員
三宅 基隆 (みやけ もとたか)   三宅 基隆 (みやけ もとたか)
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 診断専門医

消化管および骨軟部腫瘍画像診断を専門とし,最新の画像診断の研究開発に取り組んでいます。

 医員 (希少がんセンター 併任)
原田 堅 (はらだ けん)   菅原 俊祐 (すがわら しゅんすけ)
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 診断専門医
日本IVR学会 専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
IVRを中心として、画像診断も含めた放射線科業務に取り組んでいます。
 医員
原田 堅 (とみた こうじ)   冨田 晃司 (とみた こうじ)
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 診断専門医
日本IVR学会 専門医
IVR、腹部の画像診断を中心に業務を行っています。
 医員
和田 慎司 (わだ しんじ)   和田 慎司 (わだ しんじ)
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 放射線科専門医
IVR、腹部の画像診断を中心に業務を行っています。
 非常勤医師
岩本 恵理子 (いわもと えりこ)   岩本 恵理子 (いわもと えりこ)
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 認定医
日本乳癌学会 乳腺専門医
検診マンモグラフィー読影認定医
乳がんの診療、特に早期発見・早期治療に取り組んでいます。

1)放射線診断科を受診される場合のご注意

医療従事者向けページ
・ 医療従事者の方へのご案内
・ ご紹介いただく際の方法と手順

画像診断は、原則として当院の他の診療科の医師からの依頼を受けて診断を行っています。他の病院から依頼された画像診断を直接に行う場合もありますが、この場合にはその病院の担当医からの紹介状をお持ちいただく必要があります。

インターベンショナル・ラジオロジーについては、当院の他の診療科からの依頼と、他の病院からの依頼の両方について診療をお引き受けしています。さらに、患者さんやご家族からの直接のお問い合わせや相談にも応じていますので、下記の医師にお問い合わせください。

国立がん研究センター 放射線診断科 03-3542-2511(代表)
曽根 美雪(そね みゆき)
菅原 俊祐(すがわら しゅんすけ)

「体の中を透かして見る」ことができると、正常とは異なる「おかしなもの」がある場合に、これを知ることができます。このような方法を「画像診断」と呼びます。体の中を透かしてみる道具の代表が放射線であるため、「放射線診断」とも呼ばれますが、実際には超音波や磁気なども用いられています。

がんを適切に治療するためには、「どのようながんか」、「どこまで広がっているか」を治療前に知ることがとても大切です。また、治療中には治療の効果や副作用を知り、治療後には、再発や転移がないかを確認する必要があります。このため、画像診断は現在のがん治療に「なくてはならないもの」であり、当院の放射線診断科では最新鋭の機器を備えさまざまな画像診断を行っています。

他方、「体の中を透かして見る」ことができると、体をメスで切らなくても細い管や器具を体内に挿入して治療をすることができます。この治療はインターベンショナル・ラジオロジー(IVRと略します)と呼ばれ、外科的な治療に比べて患者さんの体への負担が少ないため、がん治療にも積極的に用いられています。1980年代から始まった比較的新しい治療法ですが、当院では国内最大級、かつ欧米の最先端施設にも比肩する規模で先進的な診療を行っています。

2.診療について

疾患別検査・治療待ち時間一覧はこちら

当院では、常勤の画像診断医師17名、専従の非常勤医師1名の医師18名(日本医学放射線学会認定専門医14名、日本インターベンショナル・ラジオロジー学会認定専門医3名)と、常勤の診療放射線技師41名、専従の非常勤診療放射線技師3名の技師44名が院内最大の診療科を形成し、画像診断とインターベンショナル・ラジオロジーにあたっています。

以下に、年度ごとの当院における検査・治療数を示します。

放射線診断部 診療実績(症例数)
項目 2011 2012 2013 2014 2015
CT検査 38,857 38,683 39,980 42,453 46,375
MRI検査 7,731 7,721 8,061 8,248 8,665
核医学検査 4,294 4,347 4,356 4,363 4,597

50,882 50,751 52,397 55,064 59,637

当科の特記すべき診療の概要を以下に記します。

1)CT検査

すべてマルチスライスCT(4台)を用いて、がんの種類に合わせて科内の専門家が作成した撮像プロトコルに従って撮影しています。また、大腸CT三次元診断を行っています。

2)MRI検査

3テスラ(1台)と1.5テスラ(2台)のMRI装置を用いて、がんの種類にあわせて科内の専門家が作成した撮像プロトコルに従って撮影をしています。特に、大腸がん、乳がん、脳腫瘍、前立腺がん、小児腫瘍の診断では、特殊な撮影方法を用いて診断の精度を高めています。

3)核医学検査

アイソトープ検査
がんの骨転移の診断、センチネルリンパ節の診断、肺がん術前・術後の肺血流測定、脳血流障害の診断などに加え、骨転移の治療としてストロンチウムという薬剤による治療を、悪性リンパ腫の治療としてゼバリンという薬剤による治療を行っています。

PET検査
CT装置と一体となったPET-CT装置3台とMRI装置と一体となったPET-MRI装置1台を用い、一般的な18F-FDGを用いた検査に加え、11C-コリン、11C-メチオニンによる検査や、研究用に18F-FLTや18F-FBPAといった新しい薬剤を用いた検査を行っています。

4)インターベンショナル・ラジオロジー

血管撮影装置とCT装置が一体となったIVR-CT装置2台を中心に種々の装置を用い、がんに対する局所治療(動注化学療法、動脈塞栓化学療法、ラジオ波凝固療法など)に加え、症状緩和のための治療など、がんに関するあらゆる種類のインターベンショナル・ラジオロジーを行っています。また、インターベンショナル・ラジオロジーについての全国組織である日本腫瘍IVR研究グループ(JIVROSG)を組織し、その基幹病院として活動しています。

放射線診断部 治療実績(症例数)
(インターベンショナル・ラジオロジー(IVR)の治療成績は対象評価方法により異なるため、症例数のみ列挙。技術的成功率はほぼ100%)
  2011 2012 2013 2014 2015
IVR総数 3,805 3,606 4,148 4,508 5,591
TACE(TAI・AG含) 567 482 618 1,081 1,042
中心静脈アクセス 1,613 1,691 1,840 1,292 1,557
胆道系IVR 587 483 773 763 982
腎・尿路系IVR 103 105 136 125 203
消化器系IVR 176 203 203 192 305
経皮的生検 324 319 398 444 542
経皮的ドレナージ 225 323 428 474 774
経皮的アブレーション 152 115 145 134 179
骨セメント 8 7 9 3 7

3.研究について

当科の特記すべき研究の概要を以下に記します。

●IVRの臨床試験
登録中
JIVROSG-0803 難治性腹水に対するシャント術の有効性を評価するランダム化比較試験
  悪性腫瘍により貯留する多量の腹水を静脈に還流することで得られる症状緩和を評価する研究です
JIVROSG-0804 有痛性椎体腫瘍に対する経皮的椎体形成術の有効性を評価するランダム化比較試験
  悪性椎体腫瘍による疼痛が椎体形成術で緩和されることを評価する研究です
JIVROSG-0805 部消化管通過障害に対する経皮経食道胃管挿入術の有効性を評価するランダム化比較試験
  悪性腫瘍による上部消化管閉塞症状が食道胃管挿入術で緩和されることを評価する研究です
JIVROSG-0808 上顎洞癌に対する放射線併用シスプラチン動注化学療法の第U相臨床試験
  上顎癌に対する動注化学療法と放射線照射治療を組み合わせた治療法の有効性と安全性を評価する研究です
JIVROSG-1107 化学療法抵抗性局所進行・再発乳がんに対するエピルビシン・5-FU併用動注化学療法による緩和的局所治療 第U相試験
  標準治療に抵抗性の乳がんに対する動注化学療法の局所緩和効果を評価する研究です
JIVROSG-1301 肝細胞がんに対するエピルビシン/ビーズを用いた肝動脈化学塞栓療法の実行可能性評価試験
  肝細胞がんに対するエピルビシンを含浸させた薬剤溶出性ビーズを用いた肝動脈化学塞栓療法の安全性と有効性を評価する試験です

※JIVROSG(Japan Interventional Radiology in Oncology Study Group)
平成14年度より厚生労働省の公的競争的研究費によりIVRの多施設共同臨床試験を行っている組織で、全国の84施設が参加し、国立がん研究センター中央病院が事務局となっています。

計画中の試験
JIVROSG-0802 NBCA-リピオドール混合液による血管塞栓術についての第U相試験
JIVROSG-1101 腹部・骨盤内実質臓器に対する経皮的凍結治療の第T/U相試験
JIVROSG-1102 有痛性腫瘍に対する疼痛緩和を目的とした経皮的凍結治療の第T/U相試験
JIVROSG-1103 腹部実質臓器に対するIrreversible Electroporation (IRE) 治療の第T/U相試験
JIVROSG-1104 骨軟部腫瘍に対するIrreversible Electroporation (IRE) 治療の第T/U相試験
JIVROSG-1106 有痛性悪性骨腫瘍に対する動脈塞栓療法の第T/U相試験
JIVROSG-1302 肝細胞がんに対するエピルビシン/ビーズの肝動脈化学塞栓療法とエピルビシン/リピオドール/ゼラチン塞栓剤の肝動脈化学塞栓療法のランダム化比較試験 (1302 DEJA VU Trial)

登録終了
JIVROSG-0201 経頸静脈経肝的腹腔−静脈シャント造設術についての第 I / II 相臨床試験
JIVROSG-0202 経皮的椎体形成術についての第 I / II 相臨床試験
JIVROSG-0203 悪性肺腫瘍に対する経皮的ラジオ波凝固療法についての第 I / II 相臨床試験
JIVROSG-0204 悪性骨盤内腫瘍に対する経皮的ラジオ波凝固療法についての第 I / II 相臨床
JIVROSG-0205 がんによる消化管通過障害に対する経皮経食道胃管挿入術についての第 II 相臨床試験
JIVROSG-0206 切除不能悪性大腸狭窄に対するステント治療についての第 II 相臨床試験
JIVROSG-0207 悪性胆道閉塞に対するカバード・ステントとベア・ステントの比較試験
JIVROSG-0208 転移性骨腫瘍に対する経皮的ラジオ波凝固療法についての第 I / II 相臨床試験
JIVROSG-0301 肝内胆管癌に対する塩酸ゲムシタビン(GEM)肝動注化学療法の第 I / II 相臨床試験
JIVROSG-0302 症候性子宮筋腫に対するゼラチンスポンジを用いた子宮動脈塞栓術についての第 I / II 相臨床試験
JIVROSG-0401 肝細胞癌に対する動注用シスプラチン製剤を用いた肝動注化学塞栓療法の第 I / II 相臨床試験
JIVROSG-0402 悪性腫瘍による大静脈症候群に対するステント治療についての第 II 相臨床試験JIVROSG-0602
JIVROSG-0602 肝細胞癌の治療効果判定基準の妥当性および信頼性に関する研究
JIVROSG-0603 JIVROSGの多施設共同研究における大学医療情報ネットワークの有用性の評価
JIVROSG-0604 切除不能肝細胞癌に対するエピルビシンまたはドキソルビシン/リピオドールを用いた肝動脈化学塞栓療法の第 II 相臨床試験−日本・韓国共同研究
JIVROSG-0605 埋め込み型中心静脈ポートシステムの不具合に関する調査研究(PMDAとの共同研究)
JIVROSG-0701 腎腫瘍に対する経皮的ラジオ波凝固療法についての第 I / II 相臨床試験
JIVROSG-0702 悪性肺腫瘍に対する経皮的ラジオ波凝固療法についての第 I / II 相臨床試験
JIVROSG-0703 有痛性悪性骨腫瘍に対する経皮的骨形成術についての第 II 相臨床試験
JIVROSG-0704 類骨腫に対するCTガイド下経皮的ラジオ波凝固療法についての第 I / II 相臨床試験
JIVROSG-0807 大静脈症候群に対するステント治療の有効性を評価するランダム化比較試験
JIVROSG-0809 難治性腹水に対するデンバーシャントの後ろ向き評価