食道外科 << 国立がん研究センター中央病院

食道外科

1.食道外科について
2.診療について

1.食道外科について

 食道外科長
日月 裕司 (たちもり ゆうじ)   日月 裕司 (たちもり ゆうじ) 外来診療日:水・木
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 指導医
日本消化器外科学会 指導医
日本胸部外科学会 指導医
日本食道学会 理事、認定医、食道外科専門医
あらゆる病態にあわせて多くの治療選択肢を提供しています。他院では治療が難しい病態にも積極的に対応しています。外科切除療法、化学療法、放射線治療、内視鏡治療を組み合わせた集学的治療による、状態に合わせたテーラーメードの治療を目指しています。
 医長
井垣 弘康 (いがき ひろやす)    井垣 弘康 (いがき ひろやす) 外来診療日:月・火
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 指導医
日本消化器外科学会 専門医、指導医
消化器がん外科治療認定医
日本食道学会 認定医、暫定食道外科専門医
日本胸部外科学会 認定医
日本がん治療医認定医機構 暫定教育医
開胸、胸腔鏡、腹腔鏡による外科治療のみならず、内視鏡科、消化管内科、放射線治療科との連携で、患者さんに応じた治療法を提供します。
 医長
小柳 和夫 (こやなぎ かずお)   小柳 和夫 (こやなぎ かずお) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 指導医
日本消化器外科学会 指導医
日本食道学会 認定医、暫定食道外科専門医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会 指導医
日本消化管学会 胃腸科指導医
患者様に最良の結果がもたらされるように、根治性の高い手術を安全、確実に行うように心がけています。また、手術に伴う患者様の負担軽減を目指して胸腔鏡下手術を導入しています。
 がん専門修練医
岩部 純 (いわぶ じゅん)   岩部 純 (いわぶ じゅん)
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 専門医
患者さんが安全に食道癌の手術を受け、合併症なく退院できるように日々努力しています。
 がん専門修練医
加藤 文彦 (かとう ふみひこ)   加藤 文彦 (かとう ふみひこ)
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 外科専門医
手術と術後管理を担当します。治療が安全に施行され、無事退院されるよう、最善を尽くします。

食道がんの治療戦略はこの10年で大きく変わりました。以前は切除可能であれば手術、それ以外の治療は手術を補うものか治癒を目的としない姑息的治療でした。しかし現在はmultimodality therapyとして、多くの治療法を組み合わせることで治療成績を高める努力をしています。国立がん研究センター中央病院では食道外科、消化管内科、放射線治療科、消化管内視鏡科が食道グループとして、症例リストのデータベースを共有し、カンファレンスを合同で開き、進行度に基づいた治療法の選択、新たな治療法の開発を行っています。毎年、他院での治療後の遺残再発の方を含む350人以上の新たな患者に食道がんの治療を行っています。また、セカンド・オピニオンを求めて受診される患者も増加しています。

2.診療について

疾患別検査・治療待ち時間一覧はこちら

食道外科では以下の項目を目標に掲げ、診療に取り組んでいます。

1)最新の科学的根拠に基づいた医療の提供

これまでもJCOGなどの臨床試験に取り組み、得られた成果をもとに科学的根拠に基づいた治療を提供してきました。進行度 II 、III の食道がんに対して標準治療として消化管内科と連携した術前2剤併用化学療法後の外科切除手術を行っています。現在、術前補助療法の治療効果を高め、治療成績のさらなる向上を目指し、消化管内科と連携した術前3剤併用化学療法、放射線治療科とも連携した術前化学放射線療法の臨床試験に取り組んでいます。

2)臨床試験による先駆的治療の開発

切除手術が標準治療である進行度 I 、 II 、III の食道がんであっても、内視鏡治療や根治的化学放射線療法による臓器温存治療を希望する患者が増加しています。この希望に応えるために、進行度Iの食道がんに対する内視鏡粘膜切除術と化学放射線療法による臨床試験、進行度 I の食道がんに対する根治的化学放射線療法と外科切除手術との比較試験、進行度 II 、III の食道がんに対する根治的化学放射線療法と救済外科切除手術の臨床試験にJCOGの中核施設として協力し、臓器温存治療の可能性に取り組んでいます。

また、これらの化学療法、放射線療法に対する効果予測を可能とするDNA診断の開発のために、研究所とも連携しています。

これらの取り組みは、外科切除療法、化学療法、放射線治療、内視鏡治療を組み合わせた集学的治療による、患者の状態と希望に合わせたテーラーメードの治療を目指すものです。

3)患者の視点に立った良質かつ安心な医療の提供

胸腔鏡手術を導入し、開胸手術に劣らない根治性を保ちながら、侵襲の軽減に取り組んでいます。

また、食道癌手術後の合併症として最も重要とされる肺炎予防のために、歯科、理学療法士、言語療法士、嚥下専門看護師、感染症看護専門看護師、栄養士等と共同して、口腔ケア、リハビリ、嚥下訓練、栄養改善などの多角的な術前術後管理にチーム医療として取り組む臨床研究を開始しています。

化学療法、放射線治療、内視鏡治療の進歩とともに、食道がん治療全体の中での外科治療の比率は減ってきています。しかし、外科治療を他の治療に置き換えることで治療効果の総和が同じでは成績の向上は得られません。外科治療の技量がmultimodality therapy全体の治療成績に大きく影響します。化学療法や化学放射線療法による術前治療後でも安全に手術を行うこと、術後の補助療法を確実に行えるような手術を行うこと、そして術後の再発時の治療にも対応できるように術後のQOLを保つこと、さらにはmedical oncologistが臓器温存非切除治療の適応に躊躇しないように遺残再発に対するSalvage手術でバックアップを行うことが、集学的治療やテーラーメード治療の中で食道外科に求められる役割と心得て努力しています。このため、他院からの非切除治療後の遺残再発などの対応の難しい症例についての治療依頼を受け入れ、National Centerとしての当院への期待に応えています。

食道外科 診療実績 (症例数)
手術 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
食道切除 100 102 93 113 104
   (サルベージ食道切除) 12 15 12 12 18
   (コンバージョン手術) 0 0 0 5 6
   (頸部食道切除) 1 4 0 4 0
胃管がん切除 6 1 1 4 2
腫瘍核出術 1 0 0 0 0
サルベージリンパ節切除 2 6 7 8 7
バイパス術 2 3 0 1 1
試験開胸 3 1 2 0 2
111 113 103 126 116

食道切除術式 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
右開胸 65 75 63 58 51
胸腔鏡補助 39 16 24 42 44
左開胸 1 5 1 2 1
経食道裂孔 1 2 4 3 4
頸部 3 4 0 4 0
開腹 3 4 1 4 4
112 102 93 113 104

食道癌手術症例 治療成績
  1997-2006
臨床(治療前)進行度
(TNM-UICC 6th)
症例数 術後5年生存率(%)
cStage I 151 76.8
cStage IIA 161 51.4
cStage IIB 124 67.2
cStage III 406 35.7
cStage IVA 35 14.3
cStage IVB 98 26.5

  2007-2010
臨床(治療前)進行度
(TNM-UICC 7th) 
(サルベージ手術を除く)
症例数 術後5年全生存率(%)
cStage IA 83 83.6
cStage IB 22 71.8
cStage IIA 57 62.2
cStage IIB 84 76.7
cStage IIIA 137 51
cStage IIIB 70 45.9
cStage IIIC 8 15.6
cStage IV (鎖骨上窩リンパ節転移) 46 39.4

  2007-2010
  症例数 術後5年全生存率(%)
サルベージ食道切除術 55 33.2