消化管内科 << 国立がん研究センター中央病院

消化管内科

1.消化管内科について
2.診療について
3.研究について
4.研修プログラムについて

1.消化管内科について

 消化管内科長 (副院長 兼任)  
朴 成和 (ぼく なりかず)   朴 成和 (ぼく なりかず) 外来診療日:火・水
  専門医・認定医資格など:
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定機構暫定教育医

チーム医療によって標準治療の質を高め、治療成績の向上を目指して新規治療開発のための研究に取り組み、一日でも早く日常診療に還元したいと考えております。
 医長
診療科研究担当
加藤 健 (かとう けん)   加藤 健 (かとう けん) 外来診療日:月・火・木
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本食道学会食道科認定医

患者さんにとってのベストの治療を一緒に考えていきましょう。
 医員
島 淳生 (たかしま あつお)   島 淳生 (たかしま あつお) 外来診療日:火(午後)・水・金
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会認定内科医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

患者さん一人一人にとって『最善の治療』が提供できるよう、チームで取り組んでいます。また、より良い標準治療の確立を目指し、治療開発にも力をいれています。
 医員
岩佐 悟 (いわさ さとる)   岩佐 悟 (いわさ さとる) 外来診療日:月・火(午後)・水
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会認定内科医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

チーム医療の推進と新たな治療法の開発を目指し、診療・教育・研究に臨んでいます。
 医員 (希少がんセンター 併任)
本間 義崇 (ほんま よしたか)   本間 義崇 (ほんま よしたか) 外来診療日:火・金
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会認定内科医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
患者さんが納得できるまで話し合い、その時点での最善の治療を、より安全に提供することを信条としています。
 医員
庄司 広和 (しょうじ ひろかず)   庄司 広和 (しょうじ ひろかず) 外来診療日:月・木
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
新規治療の開発に注力し、最適な治療を提供できるように努めて参ります。
 医員(臨床研究支援室併任)
沖田 南都子 (おきた なつこ)   沖田 南都子 (おきた なつこ) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会認定内科医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
外来薬物療法を担当しています。一人ひとりに合った最善の治療が提供できるよう心がけています。
 医員
平野 秀和 (ひらの ひでかず)   平野 秀和 (ひらの ひでかず) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会認定内科医
治療の目標や内容について多面的に話し合い、最適な医療を提案・提供できるよう取り組みます。
 チーフレジデント
宮本 敬大 (みやもと たかひろ)   宮本 敬大 (みやもと たかひろ)
  専門医・認定医資格など:


主に病棟を担当しています。より良い生活が送れるよう患者さんのサポートを行ってまいります。

1)スタッフ紹介と診療体制

当科はスタッフ7人とがん専門修練医、レジデント、研修医と呼ばれる若い医師達で構成され、消化管(食道、胃、大腸)の化学療法(抗がん剤治療)を担当しています。毎日、入院患者さんに関するカンファレンスを行いながらチーム診療を行っています。また、食道外科、胃外科、大腸外科とは日々の病棟での打ち合わせに加えて週1回定期カンファレンスを行うなど、外科診療科との連携は非常にスムーズです。また、IVRや放射線治療科とも緊密に連携を行い、個々の患者さんに適した治療計画を作成しています。

2)その他の注意など

当院における治療を希望される方は、国立がん研究センター中央病院ホームページの「初めて受診を希望される方へ」を参考に、FAXによる初診予約をお願いします。

2.診療について

治療・検査待ち期間一覧はこちら

1)診療内容の紹介

食道がん: 術前・術後の補助化学療法、根治的化学放射線療法、切除不能進行再発がんに対する化学療法
胃がん: 術前・術後の補助化学療法、切除不能進行再発がんに対する化学療法
大腸がん: 術前の化学放射線療法、術後化学療法、切除不能進行再発がんに対する化学療法
その他の消化器がん: 消化管間葉系腫瘍(GIST)、小腸がん、消化管原発神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine tumor:NET)、肛門がんなど

それぞれのがんに対する標準的化学療法ならびに新規薬剤を含む臨床試験を行っています。また、がんに伴う症状に対する治療や、地域病院との連携を行いながら緩和ケアへの移行のサポートを行っています。

2)診療内容の特徴と診療実績

当院では胃がん、大腸がんについて多くの患者さんに外来での治療を行っています。これは患者さんのQOL(生活の質)を考慮しているためです。また、現在おかれている病状や、治療法の選択肢について時間をかけて納得がいくまでお話をします。そのうえで、患者さんにとってベストな治療法を一緒に考えていきます。各がん種の診療実績として、新規患者さんに行った抗がん剤治療数を下に示します。

消化管内科における初回化学療法例数(診療実績)
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
食道がん 171 188 189 200 230
胃がん 154 191 121 135 170
大腸がん 161 208 225 195 238
その他 38 133 41 28 61
524 635 576 558 699
対象は全て全身化学療法
食道がんでは一部放射線化学療法を含む

治療成績
  5年生存率 生存期間中央値
食道がん Stage I 73%
Stage II/III 40% 37カ月
Stage IV 9.3カ月
胃がん Stage IV、再発 12カ月
腹水例 10カ月
大腸がん
Stage IV、再発 30カ月

3.研究について

1)臨床研究について

消化器がんの新しい治療法の開発を行うため、多施設共同研究グループである日本臨床腫瘍グループ(JCOG)に参加し、臨床試験を活発に行っています。また、新薬の臨床試験(治験)や、研究者主導の臨床試験も同時に行っています。詳細については担当医にご質問ください。

4.研修プログラムについて

消化管内科の研修について詳細はこちら pdf

消化管内科の研修について

レジデント正規コースには、消化管内科と肝胆膵内科を中心としたローテーション研修が可能な「消化器総合コース」pdf もあります。
「消化器総合コース」PDF画像