婦人腫瘍科 << 国立がん研究センター中央病院

婦人腫瘍科

1.婦人腫瘍科について
2.診療について
3.研究について

1.婦人腫瘍科について

 婦人腫瘍科長 (希少がんセンター 併任)
加藤 友康 (かとう ともやす)   加藤 友康 (かとう ともやす) 外来診療日:月・木
  専門医・認定医資格など:
日本産科婦人科学会 専門医
日本婦人科腫瘍学会 専門医
日本臨床細胞学会細胞診 専門医
がん治療認定医
患者さんに易しい、がんには厳しい手術を日々心掛けています。
 病棟医長
池田 俊一 (いけだ しゅんいち)   池田 俊一 (いけだ しゅんいち) 外来診療日:火・水
  専門医・認定医資格など:
日本産科婦人科学会 専門医
日本婦人科腫瘍学会 専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
がん治療認定医
患者さんと真摯に向き合い、お一人お一人に最善の医療を実践していきます。
 外来医長
石川 光也 (いしかわ みつや)   石川 光也 (いしかわ みつや) 外来診療日:水・金
  専門医・認定医資格など:
日本産科婦人科学会 専門医
日本婦人科腫瘍学会 専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
がん治療認定医

 医員
植原 貴史 (うえはら たかし)   植原 貴史 (うえはら たかし) 外来診療日:月・木
  専門医・認定医資格など:
日本産科婦人科学会 専門医
日本婦人科腫瘍学会 専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
がん治療認定医

 医員
清水華子   清水 華子 (しみず はなこ) 外来診療日:火・金
  専門医・認定医資格など:
日本産婦人科学会 専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会 専門医
がん治療認定医
患者さんとの対話を大切にし診療に当たって行きます。
 がん専門修練医
舘 慶生 (たて けいせい)   舘 慶生 (たて けいせい)
  専門医・認定医資格など:
産科婦人科学会 専門医
患者様に寄り添いながら、治療に務めてまいります。
 レジデント
高橋 健太 (たかはし けんた)   高橋 健太 (たかはし けんた)
  専門医・認定医資格など:
産婦人科専門医

一人でも多くの患者様のお力になれるよう努めています

 レジデント
竹原 也惠 (たけはら やえ)   竹原 也惠 (たけはら やえ)
  専門医・認定医資格など:
産婦人科専門医

 レジデント
小林 真弓 (こばやし まゆみ)   小林 真弓 (こばやし まゆみ)
  専門医・認定医資格など:
産婦人科専門医

 レジデント
塚田 貴史 (つかだ たかふみ)   塚田 貴史 (つかだ たかふみ)
  専門医・認定医資格など:
産科婦人科学会 専門医
 レジデント
米岡 完 (よねおか ゆたか)   米岡 完 (よねおか ゆたか)
  専門医・認定医資格など:

安心して入院生活が送られるように、患者様一人一人に真摯に向かい診療させていただきます。

当院は1962年の開院以来、日本の婦人科がん治療を代表する施設として、最も頻度の高い子宮頸がんは約5,000人(浸潤がん)、子宮体がんは約1,500人(浸潤がん)の方々の治療にあたってきました。その他、近年増加傾向にある卵巣がん、外陰がん、膣がんや卵管がんなど、頻度の少ないがんも含めてわが国で最も治療経験数の多い施設の1つです。

婦人科がん治療の特徴は、手術療法、放射線治療と抗がん剤治療の3つの治療手段を組み合わせて、最大の効果を得るように組み立てることにあると思います。また、治療の対象となるがんのタイプもさまざまで、例えば一口に同じ卵巣がんといっても、実はそれらを構成するがん細胞にはいろいろと病理組織が異なるタイプ型が存在します。ですから、婦人科医だけでは良い治療は成り立たず、放射線治療専門医、抗がん剤治療専門医(腫瘍内科医)、婦人科病理専門医で構成されたグループが協力しあって治療にあたる必要があります。私どもは、治療を行う場合、これらの専門医が集まり、一人一人の患者さんの治療方針を決定しています。

2.診療について

疾患別検査・治療待ち時間一覧はこちら

初めて診療をご希望される方へ

  • 当診療科は婦人科がん治療が専門ですので、がん以外の婦人科疾患(子宮筋腫、子宮頸部異形成、良性卵巣腫瘍、子宮内膜症、老人性膣炎、子宮脱、不妊症など)の治療は行っていません。これらに関しては、他施設の産婦人科へご相談ください。
  • 子宮がん検診などのがん検診も行っておりません。ご希望の方は、同じ国立がん研究センター中央病院の検診センターで行っておりますので、こちらにお問い合わせください。
  • 人間ドック・検診などでがんの精密検査をするようにいわれた方へ。当院での検査は混雑のため、検査日まで相当期間を要することがあります。このため、まず最寄りの医療機関での検査をお願いします。がんと診断された場合、もしくはがんが強く疑われた場合には、当院の予約制度に従って初診の予約をお取り願います。
婦人腫瘍科 診療実績(代表的疾患別症例数)
  2010 2011 2012 2013 2014
子宮頚がん  I 期 5 4 7 6 4
40 33 23 26 30
 II 期 2 2 3 3 5
3 2 12 6 6
 III 期 1 0 0 1 0
12 12 10 3 7
 IV 期 0 3 5 1 1
2 2 5 3 4
  65 58 65 49 57
子宮体がん  I 期   41 39 49 58 46
 II 期   4 8 5 3 5
 III 期   9 22 10 13 12
 IV 期   4 2 10 2 2
  58 71 65 76 65
卵巣がん
(境界悪性腫瘍除く)
 I 期   16 9 13 22 25
 II 期   3 8 3 10 5
 III 期   13 11 17 15 13
 IV 期   3 2 1 4 4
(術前化学療法施行例)   8 9 13 4 17
  43 39 47 55 64

婦人腫瘍科 治療成績(代表的疾患別)
  進行期 症例数 5年生存率
子宮頚がん1 I 期 425 87%
II 期 139 74%
III 期 120 58%
IV 期 46 36%
子宮体がん1 I 期 372 91%
II 期 62 86%
III 期 143 69%
IV 期 28 26%
卵巣がん2 I 期 80 86%
II 期 20 81%
III 期 131 32%
IV 期 73 16%
1:1993-2002
2:1990-1999


3.研究について

私達は、上記の診療以外にも、新しい治療法の開発など、わが国の婦人科がん治療の成績向上に寄与する研究活動を行っております。例えば、ご参考までに厚生労働科学研究費補助金やがん研究開発費等の公的研究費により、私どもが計画したり、メンバーの一員となって行っている研究班の内容の一部を、以下に紹介させていただきます。
  • がんの診療科データベースとJapanese National Cancer Data Base(JNCDB)の構築と運用
  • 高感受性悪性腫瘍に対する標準的治療確立のための多施設共同研究
  • 特別枠研究事業 がんナノテクノロジー研究プラン
  • 再発卵巣癌・卵管癌・腹膜癌の予後改善のための新たな治療法確立のための研究
  • 思春期女性へのHPVワクチン公費助成開始後における子宮頸癌のHPV16/18陽性割合の推移に関する長期疫学研究