頭頸部腫瘍科 << 国立がん研究センター中央病院
中央病院 > 診療科のご案内 > 頭頸部腫瘍科

頭頸部腫瘍科

1.頭頸部腫瘍科について
2.診療について
3.研究について

1.頭頸部腫瘍科について

 頭頸部腫瘍科長 (希少がんセンター 併任)
吉本 世一 (よしもと せいいち)   吉本 世一 (よしもと せいいち) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
耳鼻咽喉科専門医
頭頸部がん専門医
日本がん治療認定医
ご病状や治療内容などをできるだけわかりやすくご説明するように心掛けております。
 外来・病棟医長
診療科研究担当
松本 文彦 (まつもと ふみひこ)   松本 文彦 (まつもと ふみひこ) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
耳鼻咽喉科専門医
頭頸部がん専門医
日本がん治療認定医
甲状腺外科暫定専門医
頭頸部癌は認知度が低いためイメージのわきにくい病気です。できるだけご自身の病状や状態がご理解いただけるような説明をいたします。
 医員
小村 豪 (おむら ごう)   小村 豪 (おむら ごう)
  専門医・認定医資格など:
耳鼻咽喉科専門医
日本がん治療認定医
頭頸部がん専門医
頭頸部がんは、食事、呼吸、声などの生活の質に直結する場所に出来る病気です。患者さんお一人お一人に生活背景が異なりますので、患者さん毎に最適な治療を一緒に考えていき、提供していきたいと思います。
 医員
小林 謙也 (こばやし けんや)   小林 謙也 (こばやし けんや) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
耳鼻咽喉科専門医
日本がん治療認定医
頭頸部がん専門医
頭頸部がんは、すべてのがんの5%程度であり馴染みの薄いがんだと思います。日々の診療では、患者さんやご家族への丁寧な説明を心掛け、納得した治療を受けて頂けるように努めてまいります。
 医員
深澤 雅彦 (ふかさわ まさひこ)   深澤 雅彦 (ふかさわ まさひこ) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
耳鼻咽喉科専門医

患者さま、ご家族さまと誠心誠意向き合って、治療にあたらせていただきます。
 がん専門修練医
松本 吉史 (まつもと よしふみ)   松本 吉史 (まつもと よしふみ)
  専門医・認定医資格など:
耳鼻咽喉科専門医
気管食道科専門医
患者さんやご家族へのわかりやすい説明を心がけております。良質な医療を提供できるように、努めてまいります。
 がん専門修練医
松村 聡子 (まつむら さとこ)   松村 聡子 (まつむら さとこ)
  専門医・認定医資格など:
耳鼻咽喉科専門医
頭頸部がん専門医
日本がん治療認定医
患者様目線の医療を心がけております。女性の立場から、きめ細やかながん治療のサポートにもつとめてまいります。

頭頸部とはHead and Neckという英語の訳語に由来し、頭部と頸部を併せた中で脳・眼球・頸椎を除いた部分を示す名称です。この部分には耳・鼻副鼻腔・口腔・上咽頭・中咽頭・下咽頭・喉頭・頸部食道などの頭頸部の管腔臓器、耳下腺や顎下腺などの大唾液腺、甲状腺、頸部のリンパ節や軟部組織などが含まれるのですが、これらに発生する悪性腫瘍を担当するのが頭頸部腫瘍科です。実際の診療に当たりましては、耳鼻咽喉科医専門医の中でさらに専門性の高い頭頸部がん専門医の資格をもった医師が中心となって行われております。頭頸部は食事・会話・顔面の容貌といった日常の社会生活を送るうえで非常に重要な部分が関わってくるため、生存率のみならず機能温存を重視した治療が求められるのですが、当科では関連するさまざまな科と協力しながら、それぞれの患者さんに応じた最前の治療ができるように努めております。

2.診療について

治療・検査待ち期間一覧はこちら

当科の起源である国立がんセンター中央病院頭頸科は病院の開設当時から存在しておりましたが、1992年に当センターの東病院が千葉県柏市に設立された後、病院間の分業化のため一旦中央病院の入院診療を中止しその機能を東病院にすべて移した経緯がありました。しかしながらその後中央病院での頭頸部診療の必要性が再度高まってきたため、再びスタッフを徐々に増員した結果、2017年現在では医師7名を擁し、頭頸部では国内トップのがん研有明病院や国立がん研究センター東病院には及ばないものの、都内では有数の頭頸部がんを扱う施設の一つになりました。また頭頸部がんの診療においては他科の医師や幅広いメディカルスタッフによるチーム医療が必須でありますが、当院では歯科・放射線治療科・形成外科・消化管内科など関連する多くの科と密接な協力関係を築いており、また嚥下障害の専門看護師を中心とする看護師を始め、薬剤師・言語療法士・栄養士・社会福祉士などを加えた総合的な医療が行われております。

診療実績

外科的治療実績
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
開頭による頭蓋底手術 1 1 4 3 4
外耳腫瘍手術 1 0 1 1 1
鼻副鼻腔腫瘍手術 9 16 9 17 16
口腔腫瘍手術 41 45 67 65 54
上咽頭腫瘍手術 1 3 3 1 2
中咽頭腫瘍手術 19 15 21 35 51
喉頭・下咽頭・頸部食道腫瘍手術          
内視鏡手術 23 34 24 7 2
経口的切除 0 1 9 29 34
喉頭温存手術 13 14 9 9 12
喉頭全摘を含む手術 24 15 21 32 36
甲状腺腫瘍手術 18 18 26 23 30
副甲状腺腫瘍手術 0 1 0 0 0
耳下腺腫瘍手術 5 7 10 11 21
頸部郭清術(単独) 26 23 28 27 38
その他の悪性腫瘍手術 6 9 7 3 12
副咽頭間隙腫瘍手術 0 3 3 2 1
その他の良性腫瘍手術 3 3 12 11 4
全身麻酔手術の合計
(遊離皮弁による再建手術)
190(45) 208(42) 254(53) 276(74) 318(78)
局所麻酔手術の合計 79 95 91 127 145

3.研究について

臨床研究としましては、JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)の頭頸部がんグループに加わり、上顎癌に対する超選択的動注化学放射線療法や、局所進行癌術後の再発ハイリスク患者に対する術後補助化学放射線療法などの多施設共同試験に参加することになりました。また消化管内科の協力のもとで難治性の再発転移がんに対する新規薬剤の治験も行っております。さらには眼腫瘍科における希少癌の研究、放射線治療科におけるホウ素補足中性子療法の研究、研究所における口腔癌の研究にも積極的に協力しております。