小児腫瘍科 << 国立がん研究センター中央病院

小児腫瘍科

1.小児腫瘍科(小児内科・小児外科)について
2.診療について
3.研究について

1.小児腫瘍科(小児内科・小児外科)について

小児内科

医師名
(ふりがな)
役職・専門分野 専門医・認定医資格 メッセージ
小川 千登世
(おがわ ちとせ)
小川 千登世(おがわ ちとせ)
科長
小児造血器腫瘍
小児固形腫瘍・骨軟部肉腫
日本血液学会専門医
日本小児血液がん学会指導医
日本輸血学会認定医
日本小児科学会専門医
ひとりでも多くの小児がんの患者さんが治ることができるように、新しい薬や新しい治療をすすめていきます。
河本 博
(かわもと ひろし)
河本 博 (かわもと ひろし)
医員
小児造血器腫瘍
小児固形腫瘍・骨軟部肉腫
日本小児科学会専門医
日本医師会認定産業医
 
安井 直子
(やすい なおこ)
安井 直子 (やすい なおこ)
医員
小児造血器腫瘍
小児固形腫瘍・骨軟部肉腫
日本小児科学会専門医
がん治療認定医
日本血液学会専門医
日本小児血液がん学会専門医
 
細野 亜古
(ほその あこ)
細野 亜古 (ほその あこ)
東病院医長
(併任(木曜外来))
小児造血器腫瘍
小児固形腫瘍・骨軟部肉腫
日本小児科学会専門医
認定感染管理医師(ICD)
AHA認定PALS provider
がん治療認定医
小児血液・がん暫定指導医
 

小児外科

医師名
(ふりがな)
役職・専門分野 専門医・認定医資格 メッセージ
金田 英秀
(かねだ ひで)
金田 英秀 (かねだ ひで)
医員
小児外科
小児固形腫瘍
日本外科学会専門医
日本小児外科学会専門医
AHA認定 PALS provider
がん治療認定医
日本外科代謝栄養学会認定NST医師
 

小児腫瘍(小児がん)は、通常15歳以下の子どもに発生する悪性腫瘍を指します。約3分の1が白血病・リンパ腫、残りの半分近くが脳腫瘍で、脳腫瘍以外の小児固形がんの多くは、身体の深部から発生する「肉腫」または、胎児性組織が悪性化した「芽腫」と呼ばれるものです。小児腫瘍科は、関連の各診療科と連携しながら、これら多種多様な小児がんの治療を担当します。また、芽腫や肉腫は希に成人にも発生するため、小児腫瘍科で治療を行うこともあります。

小児腫瘍科の対象疾患

造血器腫瘍
急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病悪性リンパ腫(リンパ芽球性リンパ腫、大細胞性リンパ腫、バーキットリンパ腫など)、他
脳腫瘍(脳脊髄腫瘍科との連携)
髄芽腫、神経膠腫、上衣腫、胚細胞性腫瘍、他
その他の固形腫瘍
神経芽腫、腎芽腫、肝芽腫、網膜芽腫、横紋筋肉腫、ユーイング肉腫、骨肉腫、
その他の骨軟部肉腫、胚細胞性腫瘍、他

小児腫瘍科では、小児がんを専門とする小児内科医と小児外科医(※)を擁し、上記疾患に対する標準治療の提供に尽力するとともに、標準治療で再発された患者さんや治癒の難しい患者さんに対して、臨床試験に基づいた新たな治療オプション、すなわち、適応外薬を含む治療、造血幹細胞移植やペプチドワクチンを含む治療等を提供しています(「研究について」を参照ください)。国立がん研究センターの総力を結集し、どのような小児がんの患者さんに対しても、適切な治療を提示することができます。

※小児外科について
2011年4月に設置された小児外科では、小児に発生する固形腫瘍、特に悪性腫瘍の診断から治療までを扱っております。小児の悪性固形腫瘍は、それぞれできる場所や組織の形も異なります。それぞれの病気は発生頻度も低く稀な疾患であり、その診断と治療には極めて専門的な知識と技術を要します。これらの病気の診断と治療には、小児固形腫瘍を専門とする小児科医、小児外科医、整形外科医をはじめとする臓器別の腫瘍外科医、放射線腫瘍医、病理医がチームを組んであたらなければなりませんが、小児外科は、各関連部署との密な連携のもと、外科手術や集学的治療を必要とされる患者さんの診療に積極的に取り組んでおります。

2.診療について

疾患別検査・治療待ち時間一覧はこちら

小児腫瘍科では、通常治療に抵抗性で治療が困難と判断されたり、再発を繰り返し治療選択に難渋している患者さんなどを数多く受け入れ診療している点が特徴です。臨床試験治療を中心とした数多くの治療選択肢の提供が可能であり、豊富な治療経験の蓄積があります。再発患者さんであっても、適切な治療の提供により、比較的体調良く長期に生存されるお子さんも稀ではありません。

最初に小児がんが疑われた段階での受診、ご紹介にも常時応じております。診断には、数週間〜1ヵ月以上かかるのが普通ですが、当院ではがん診療に特化した小児内科、小児外科、放射線診断科、臨床検査科、病理科との密な連携することで、迅速で正確な診断を可能としています。
画像診断ではMRI、CT、必要に応じて数種類のPETやシンチの検査を疾患や状態にごとに使いわけながら、数日で病変の性質、広がりを正確に評価することができ、病理検査も院内で確実な診断が数日で可能です。

受信から治療開始までの流れ(例)

治療においては、根治的腫瘍切除術、化学療法、放射線治療、臨床試験を主体とする新規治療に至るまで、患者さんに必要と思われるすべての医療行為を、一連の流れとして受けていただくことが可能です。本邦において圧倒的ながん症例の手術症例数を誇り、世界でもトップレベルの技術と経験を有する臓器別外科医、国内でも類をみない高度な専門性を有する放射線治療医との協働により高度ながん診療を達成しています。初発によらず再発の患者さんを含め、それぞれに適した治療選択肢を考慮しながら、必要であれば特殊治療については他施設と連携して、どのような患者さんにも納得のいただける治療提供に尽力しています。
なお、当院では欧米で一般的な家庭を重視した療養環境に取り組んでおり、「病前と変わらず」を目標に、お家の近くのクリニックの先生との病診連携、地元の学校の先生と院内学級の先生とも連携した学習・生活連携などを進めております。1回の入院期間は短く、抗腫瘍薬投与期間のみの入院を原則としております。
さらに診療体制としては病初期からの「こころのケアチーム(精神腫瘍科医、臨床心理士、こども療養支援士、保育士)」による患者さんとご家族の心理面のサポートにも力を入れております。小児のがん患者さんとご家族の不安を最小限にとどめながら、最適な治療方針を決定し、スムーズに治療を進めていくことができます。

当センターの総力をあげて最適な治療を実践

診療実績(新規患者)

小児外科 手術症例

3.研究について

ユーイング肉腫グループ(JESS)や横紋筋肉腫グループ(JRSG)などの初発時治療の多施設研究への参加にくわえ、当院でおこなう初発時治療研究もあります。
当院の特徴でもある再発治療については、適応外薬剤を使用した再発治療の開発、まだ使用できない新薬や新規治療の治験を実施して、国内のすべての患者さんへの治療となるように開発を進めると同時に、難治の患者さんへの治療提供も行っています。この他にも制吐剤や抗生剤など治療を支える薬剤の治験にも積極的に参加し、療養改善にも貢献しています(「国立がん研究センター中央病院で実施している治験」を参照ください)。

再発治療に対しての臨床研究:

<適応外薬を用いた臨床試験> <未承認薬・開発中の薬剤を用いた臨床試験> <ペプチドワクチンを用いた臨床試験> <その他の臨床研究>
  • 「悪性腫瘍病期診断における18F-BPA PET/CTの有用性に関する探索的研究」:登録中
お問い合わせ先:
shoni @ ml.res.ncc.go.jp
(↑迷惑メール防止のため@の前後にスペースが入っています。メールの際にはスペースを消去して使用してください。)
造血器腫瘍に関する相談:小川 千登世
固形腫瘍、肉腫に関する相談:河本 博
宛にお願いいたします。

臨床試験登録や治療についてのご相談・患者さんのご紹介は上記までお問い合わせください。なお、スムーズな情報提供のため、原則として担当医からのみとし、患者さんからの直接のお問い合わせはご遠慮ください。