精神腫瘍科 << 国立がん研究センター中央病院

精神腫瘍科

1.精神腫瘍科について
2.診療について
3.研究について

1.精神腫瘍科について

 精神腫瘍科長 (社会と健康研究センター 兼任)
清水 研 (しみず けん)   清水 研 (しみず けん) 外来診療日:月(午後)・ 水(午後)
  専門医・認定医資格など:
日本精神神経学会 精神科専門医
日本総合病院精神医学会 一般病院連携精神医学専門医
精神保健指定医
精神腫瘍科では患者さんとご家族を対象とした心のケアを担当しております。がん罹患に伴うさまざまなストレスについて対応いたしますので、どうぞお気軽に受診ください。
心のつらさを和らげるためのカウンセリングや薬の処方を行います。症状にもよりますが、どちらを主に提供するかはなるべくご希望に沿うようにしております。
入院中の受診希望は、治療を担当している医師にお伝えください。外来受診については予約センターにご連絡いただければ可能です。詳しくは本ページに記載されている相談方法をご参照ください。
 医長
中原 理佳 (なかはら りか)   中原 理佳 (なかはら りか) 外来診療日:火(午後)
  専門医・認定医資格など:
日本精神神経学会 精神科専門医
日本心身医学会 認定心身医療「精神科」専門医



 医員
平山 貴敏 (ひらやま たかとし)   平山 貴敏 (ひらやま たかとし) 外来診療日:金(午後)
  専門医・認定医資格など:
日本精神神経学会 専門医



 支持療法開発センター長  (精神腫瘍科 社会と健康研究センター 兼任)
内富 庸介 (うちとみ ようすけ)   内富 庸介 (うちとみ ようすけ) 外来診療日:火(午前)
  専門医・認定医資格など:
日本精神神経学会 精神科専門医
日本総合病院精神医学会 一般病院連携精神医学専門医
精神保健指定医
日本サイコオンコロジー学会 登録精神腫瘍医
がんを抱えると、現実の生活だけでなく人生にも甚大な影響をもたらします。患者さんご本人だけでなく等しくご家族の心にも激痛をもたらします。少しでも早目早目にご相談ください。精神腫瘍科外来でストレスを減らし、がん治療を納得して選んで生活を立て直し好ましい結果が得られるよう一緒に相談させてください。
 社会と健康研究センター 健康支援研究部長 (精神腫瘍科 兼任)
松岡 豊 (まつおか ゆたか)   松岡 豊 (まつおか ゆたか)
  専門医・認定医資格など:
日本精神神経学会 精神科専門医
日本総合病院精神医学会 一般病院連携精神医学専門医
精神保健指定医


 がん対策情報センター がん医療支援部長 (精神腫瘍科 社会と健康研究センター 兼任)
加藤 雅志 (かとう まさし)   加藤 雅志 (かとう まさし) 外来診療日:木(午後)
  専門医・認定医資格など:
日本精神神経学会 専門医
精神保健指定医


 がん専門修練医
和田 佐保 (わだ さほ)   和田 佐保 (わだ さほ)
  専門医・認定医資格など:





 心理療法士
堂谷 知香子 (どうたに ちかこ)   堂谷 知香子 (どうたに ちかこ)
  専門医・認定医資格など:
臨床心理士




 心理療法士
冲中 敬二 (おきなか けいじ)   猪口 浩伸 (いのぐち ひろのぶ)
  専門医・認定医資格など:
臨床心理士




 非常勤心理療法士
堂谷 知香子 (どうたに ちかこ)   小林 真理子 (こばやし まりこ)
  専門医・認定医資格など:
臨床心理士




 非常勤心理療法士
小林 千里 (こばやし ちさと)   小林 千里 (こばやし ちさと)
  専門医・認定医資格など:
臨床心理士




 非常勤心理療法士
遠藤 麻惠 (えんどう まえ)   遠藤 麻惠 (えんどう まえ)
  専門医・認定医資格など:
臨床心理士





2.診療について

1)がん罹患に伴うストレスに対する心のケア(精神腫瘍学)

がん医療においては、外科治療、化学療法、放射線治療などのがんそのものに対する治療が重要ですが、生活の質を保ちながら普通に毎日を過ごすためには、苦痛な症状を和らげることも必要です。がんに伴う苦痛な症状には、疼痛などの体の苦痛と、気持ちの落ち込み(うつ)や、不安感などの心の苦痛があります。さらに、病状が進行や、手術後の身体状態の変化に伴い、脳機能が低下して「せん妄」という精神症状が生じることも少なくありません。また、患者さんご本人だけでなく、ご家族も同じように大きなストレスを抱えていらっしゃいます。

気持ちの落ち込みや不安感、せん妄などの症状は、それ自体がつらい症状であるのみならず、全体的な生活の質の低下や、がん治療を受ける意欲をなくしてしまうこととも深く関係するため、適切な心のケアを受けられることをお勧めいたします。心の苦痛を和らげる方法としては、大きく分けるとカウンセリングと薬物療法の2とおりあります。

当科は、がん専門病院に併設される心のケアを行う診療科として、全国に先駆けて1992年に開設され、一貫して患者さんとそのご家族の方々の心のケアに取り組んでまいりました。心のケアを含めた緩和ケアの重要性が高まる中、精神腫瘍科を受診されるがん患者さんおよびそのご家族は増加する傾向にあり、最近では年間約1000名となっています。また、がんに対応できる心のケアの専門家は、まだわが国では少ない現状もあり、当院以外で治療を受けていらっしゃるがん患者さんのご相談も、お受けしています。

2)精神腫瘍科のメンバー

精神腫瘍学を専門とする医師(精神腫瘍医)と心理療法士が担当しております。

3)相談方法

(1)精神腫瘍科一般外来

1. 当院通院中の方が受診を希望される場合
    外来通院中の場合:精神腫瘍科の受診手続きをお取りいただき、外来受診をお願いいたします。予約センターから診察予約をお取りいただくことも可能です。
  当院入院中の場合:担当の医師、看護師に精神腫瘍科の受診を希望される旨をお伝えください。チームのメンバーが病棟まで伺います。

2. ご家族が受診を希望される場合、あるいは他院受診中の方が受診を希望される場合
    初診:次のページを参考に、予約をお願いいたします。他院受診中の方の場合は、紹介状をお持ちいただくようお願いいたします。
初診予約の方法について
  再診:予約センターで診察の予約をお取りください。

(2)家族ケア外来

がん患者さんのご家族、またはがんで患者さんを亡くしたご遺族を対象として、十分なカウンセリングを提供することを目的とした専門外来である「家族ケア外来」を開設しております。当院以外の病院で治療を受けられている患者さんのご家族のご相談も受け付けていますので、詳しくは下記のページをご覧ください。
注:ご家族の相談は一般外来でも受け付けております。
家族ケア外来のご案内

相談方法についてご不明な点がございましたら、下記にお問い合わせください。
国立がん研究センター 03-3542-2511(代表) 内線7004
精神腫瘍科 清水 研(しみず けん)

精神腫瘍科 診療実績(症例数)
  2013 2014 2015
年間診療件数
778 827 1032
精神医学的診断 適応障害
158(20.3%) 183(22.1%) 263(25.5%)
うつ病
75(9.6%) 106(12.8%) 115(11.1%)
せん妄
209(26.9%) 189(22.9%) 216(20.9%)

3.研究について

1)研究について

前述したように、非常に多くの方が心の苦痛を経験されているにもかかわらず、心のケアがまだ十分に浸透していないわが国の現状があります。これを少しでも改善するために、われわれは心の苦痛に対して適切なケアができるシステムをつくるための研究を行っています。

実施中または計画中の臨床研究
  • 高侵襲手術後のがん患者に生じる術後せん妄の予防的介入に関する研究
  • 同種造血細胞移植後に生じた精神的苦痛への心理社会的支援プログラムの開発
  • がん患者の外傷後成長(PTG)に関する研究
  • 小児がん患者と家族を対象とした心理社会的支援プログラムの開発
  • 各職種を対象とした精神腫瘍学教育プログラムの開発

2)見学・研修について

精神腫瘍学に関して、医師・看護師・臨床心理士などの見学・研修を受け入れておりますので、ご興味ある方は 下記までご連絡ください 。

国立がん研究センター中央病院
精神腫瘍科 清水 研(しみず けん)
keshimiz @ ncc.go.jp