放射線治療科 << 国立がん研究センター中央病院
中央病院 > 診療科のご案内 > 放射線治療科

放射線治療科

1.放射線治療科について
2.診療について
3.研究について

1.放射線治療科について

 放射線治療科長
伊丹 純 (いたみ じゅん)   伊丹 純 (いたみ じゅん) 外来診療日:月・火・水・金
  専門医・認定医資格など:
放射線治療専門医
臨床修錬指導医
がん治療認定医機構 暫定教育医
第一種放射線取扱主任者
小線源治療、悪性リンパ腫の放射線治療、放射線管理を担当しています。
 外来医長
伊藤 芳紀 (いとう よしのり)   伊藤 芳紀 (いとう よしのり) 外来診療日:月・火・水・木・金
  専門医・認定医資格など:
放射線治療専門医
がん治療認定医機構 暫定教育医
がん治療認定医
日本食道学会 食道科認定医
主に消化器、頭頸部、呼吸器の放射線治療を担当しています。
 病棟医長 (希少がんセンター 併任)
井垣 浩 (いがき ひろし)   井垣 浩 (いがき ひろし) 外来診療日:月・火・水・木・金
  専門医・認定医資格など:
放射線治療専門医
がん治療認定医
医師の臨床研修に係る指導医
第一種放射線取扱主任者
定位照射、脳腫瘍、皮膚腫瘍、肉腫、呼吸器、乳がんを担当しています。
 医員
村上 直也 (むらかみ なおや)   村上 直也 (むらかみ なおや) 外来診療日:火・水・木・金
  専門医・認定医資格など:
放射線治療専門医
がん治療認定医
第一種放射線取扱主任者

小線源治療、頭頸部、婦人科がんなどの放射線治療を担当しています。
 医員
診療科研究担当
稲葉 浩二 (いなば こうじ)   稲葉 浩二 (いなば こうじ) 外来診療日:月・火・水・木・金
  専門医・認定医資格など:
放射線治療専門医
がん治療認定医
内科認定医
第一種放射線取扱主任者
泌尿器科、頭頸部、小線源治療などの放射線治療を担当しています。
 医員 (希少がんセンター 併任)
高橋 加奈 (たかはし かな)   高橋 加奈 (たかはし かな) 外来診療日:月・火・水・木・金
  専門医・認定医資格など:
放射線治療専門医


乳がん、皮膚腫瘍、肉腫、呼吸器などの放射線治療を担当しています。
 がん専門修練医
高川 佳明 (かかがわ よしあき)   高川 佳明 (かかがわ よしあき)
  専門医・認定医資格など:
放射線科専門医
がん治療認定医


 がん専門修練医
小林 和馬 (こばやし かずま)   小林 和馬 (こばやし かずま)
  専門医・認定医資格など:
第一種放射線取扱主任者




 がん専門修練医
柏原 大朗 (かしはら たいろう)   柏原 大朗 (かしはら たいろう)
  専門医・認定医資格など:





 レジデント
土田 圭祐 (つちだ けいすけ)   土田 圭祐 (つちだ けいすけ)
  専門医・認定医資格など:





 レジデント
島 聖 (しま さとし)   島 聖 (しま さとし)
  専門医・認定医資格など:





 レジデント
上松 正和 (うえまつ まさかず)   上松 正和 (うえまつ まさかず)
  専門医・認定医資格など:



 短期レジデント
吉岡 裕人 (よしおか ひろと)   吉岡 裕人 (よしおか ひろと)
  専門医・認定医資格など:
放射線科専門医
マンモグラフィー読影認定医


 主任医学物理士
岡本 裕之 (おかもと ひろゆき)   岡本 裕之 (おかもと ひろゆき)
  専門医・認定医資格など:
認定医学物理士
第一種放射線取扱主任者
放射線治療品質管理士
理学博士
外部照射、小線源治療の品質管理およびCyberKnifeを担当しています。
 医学物理士
脇田 明尚 (わきた あきひさ)   脇田 明尚 (わきた あきひさ)
  専門医・認定医資格など:
認定医学物理士
第一種放射線取扱主任者
放射線治療品質管理士
理学修士
外部照射、小線源治療の品質管理およびCyberKnifeを担当しています。
 医学物理士
中村 哲志 (なかむら さとし)   中村 哲志 (なかむら さとし)
  専門医・認定医資格など:
認定医学物理士
第一種放射線取扱主任者
医科学修士
外部照射、小線源治療の品質管理およびCyberKnifeを担当しています。
 医学物理士
西岡 史絵 (にしおか しえ)   西岡 史絵 (にしおか しえ)
  専門医・認定医資格など:
認定医学物理士
理学博士
外部照射、小線源治療の品質管理および治療計画装置の管理を担当しています。

放射線治療は外科療法、薬物療法(抗がん剤による治療)とならぶがんに対する治療の三本柱の1つです。がんの種類や進行状況と患者さんの体の状態、治療に関する希望に応じ、治癒を目指す治療より症状緩和を目的とした治療まで、幅広く応用されています。放射線治療は手術と同じく部分の治療であり、その効果や多くの副作用は治療部位に限られます。その特徴として(1)臓器の働きや形を保つ、(2)副作用の少ないがん治療、(3)根治的治療より緩和的治療まで幅広い応用範囲、(4)手術や化学療法の併用でよりよい治療効果が得られる、などがあります。しかし欧米に比較し、わが国では充分利用されているとはいえない状況です。

放射線治療科では、すべての臓器科と連携し、また他院とも協力して、よりよい放射線治療を提供するための努力をしています。放射線治療の方法には、X線や電子線などによる外部照射のみでなく、カプセルに入った放射性同位元素という放射線を出す物質を用いる小線源治療などさまざまな方法があり、治療する範囲も骨髄移植の前に行う全身照射より小さな病巣を正確にねらい撃ちする定位放射線照射など、治療装置や技術の進歩が進んでいます。

放射線治療科では、治療方法の検討(薬物療法や手術などの併用や放射線治療方法を検討します)、治療計画、内容の検討(精度管理)、放射線治療の実施、治療中や治療後の診察(効果や副作用は治療後長期間みる必要があります)などを行いますが、放射線腫瘍医・放射線治療の知識を持つ診療放射線技師や看護師・医学物理士など多くの関係者がチーム医療を支えています。

当院における治療を希望される方は、国立がん研究センター中央病院ホームページの「初めて受診を希望される方へ」を参考に、初診予約をお願いします。

2.診療について

疾患別検査・治療待ち時間一覧はこちら

1)診療内容の紹介

国立がん研究センター中央病院は、外部照射用リニアック5台とサイバーナイフ1台、小線源治療装置・小線源治療室により放射線治療を実施しています。陽子線や重粒子線などの粒子線治療が必要な場合は実施可能な施設に紹介しています。

三次元治療原体照射:治療が必要な範囲の形に合わせた照射範囲をCTやMR画像をもとに三次元治療計画装置で作成し、正常組織への影響をなるべく少なくするように工夫した治療方法です。当院では1990年代より導入され現在では大半の治療に応用しています。

定位放射線照射:病巣に対し多方向から放射線を集中させる方法です。通常の放射線治療に比較し周囲の正常組織の線量を極力減少させることが可能です。当院では1991年に転移性脳腫瘍に対し応用開始しましたが、その後肺や肝臓などに応用範囲を拡大しています。

強度変調放射線治療(IMRT):強度変調放射線治療とは、最新のテクノロジーを用いて照射野内の放射線の強度を変化(変調)させて照射を行なう方法です。強度変調放射線治療では、照射範囲のみでなく放射線の量をがんの形に合わせて治療することができます。当院では頭頸部腫瘍や前立腺がんで導入し、対象の拡大を進めています。

小線源治療:管、針、ワイヤ、粒状などの形状となった容器に密封された放射性同位元素を放射線源として、がんやその周囲組織に直接挿入したり埋め込んだりして治療します。放射線の集中性に優れた治療です。2009年5月より主に低リスクの前立腺がんを対象としてヨウ素125小線源永久挿入療法を開始します。2泊3日の入院により治療可能です。詳細は、当放射線治療部にお問い合わせください。

アイソトープ治療:放射性同位元素を注射で体内に入れ取り込ませた病巣で放射線を出させることにより治療する方法です。転移性骨腫瘍の一部に対し、ストロンチウム-89という放射性同位元素の出すベータ線での治療に使用しています。

陽子線治療:陽子線は体内に入っても表面近くではエネルギーを放出せず、停止する直前にエネルギーを放出して大きな線量を組織に与える性質があります。陽子線は病巣のみに効率よく線量を集中でき、副作用を少なくできます。この治療は国立がん研究センター東病院で行っており、その相談外来を行っています。


前立腺がんの放射線治療

当科では前立腺がんに対して様々な放射線治療の方法を選んで頂けます。どれも保険適応の治療方法になり、最先端の治療も提供しております。その中から患者さんのニーズにあわせて治療方法を選択して頂きます。

外部放射線治療:強度変調放射線治療、画像誘導放射線治療

小線源治療:高線量率組織内照射、シード治療

放射線治療後の局所再発に対する再度の放射線治療(前立腺がんの放射線治療後に PSA 再発が見られたときには次の治療としてはホルモン治療が選択されることが多いですが、状況によっては再度放射線治療を施行することも可能です)

リンパ節転移や骨転移のある前立腺がんに対しても、状況によっては根治的放射線治療の有用性も示唆されており、当科でも患者さんと相談の上、施行しております。詳細は放射線治療部にお問い合わせください。

2)診療内容の特徴と実績

当院では治療の対象となるがんにより、放射線治療単独での治療以外に手術との併用(術前・術中・術後)や薬物療法との併用により、効果を高め副作用を軽減する工夫を行っています。また、放射線治療の特徴をいかし、外来で多くの治療を実施しています。患者さん自身に自らの病気や体の状況を理解していただき、よりよい生活の質(Quality of Life)をともに考え、一緒に治療を選択していきます。当院での治療以外の選択が好ましい場合には、他施設の紹介も行っています。

この数年の診療実績としてがんの発生部位ごとの治療計画数を下に示します。

放射線治療科 診療実績
原発部位別新患数 2014年 2015年 2016年
全患者数 2,063 2,546 2677
1) 脳・脊髄 48 56 64
2) 頭頸部 142 142 153
3) 食道 117 124 149
4) 肺・気管・縦隔 258 350 322
4)-a) うち肺 136 305 259
5) 乳腺 296 332 387
6) 肝・胆・膵 88 95 83
7) 胃・小腸・結腸・直腸 252 277 299
8) 婦人科 80 74 107
9) 泌尿器系 138 157 151
9)-a) うち前立腺 102 91 91
10) 造血器リンパ系 88 95 83
11) 皮膚・骨・軟部 110 111 122
12) その他 (悪性) 0 0 0
13) 良性 2 6 7
14) 15歳以下の小児例 19 24 25
脳および骨転移治療患者実人数 (新患+再患)
1) 脳転移 266 562 583
2) 骨転移 159 456 515

特殊治療(患者数) 2014年 2015年 2016年
術中照射 0 0 0
全身照射 68 56 36
定位放射線照射 296 522 556
脳定位放射線治療 247 426 465
体幹部定位放射線治療 49 96 91
強度変調放射線治療(IMRT) 283 310 438
小線源治療 133 134 153

3.研究について

治療方法の開発を行うため、院内のみでなく多施設共同研究グループに参加し、臨床試験を行っています。また、放射線治療の質の向上や放射線治療の新たな装置の開発に関する研究を行っています。

放射線治療に関する研究では、標準的治療の確立に向けた研究やよりよいQOLを目的とした臨床研究を行っています。乳がんや喉頭がんでは1回の放射線量を多くし回数や治療期間を短くする臨床研究を実施しています。

放射線治療に関する研究のみでなく、手術や薬物療法との併用療法の一部としての放射線治療について多くの臨床試験に参加し、治療計画の立案より実施内容の検証まで幅広く関与しています。