呼吸器内科 << 国立がん研究センター中央病院

呼吸器内科

1.呼吸器内科について
2.診療について
3.研究について

1.呼吸器内科について

呼吸器内科では、肺癌をはじめとして、縦隔腫瘍、胸膜腫瘍など進行胸部悪性疾患に対して、最善の治療を提供するとともに、より効果的な新治療法の開発に取り組んでいます。

 呼吸器内科長 (副院長[教育担当] 人材育成センター長 併任)
大江 裕一郎 (おおえ ゆういちろう)   大江 裕一郎 (おおえ ゆういちろう) 外来診療日:火(午前)・金(午後)
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 総合内科専門医
日本内科学会 指導医
同じ肺がんでも、患者さんごとに最善の治療は大きく異なります。最善の治療について一緒に考えましょう。
 医長 (先端医療科長 先端医療開発センター新薬臨床開発分野長 希少がんセンター 治験管理室長 併任)
山本 昇 (やまもと のぼる)   山本 昇 (やまもと のぼる) 外来診療日:水・木
  専門医・認定医資格など:
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
肺がんをはじめとする呼吸器悪性腫瘍の化学療法と、先端医療科で新規抗がん剤の早期開発を担当しています。
 外来医長 (広報企画室長 併任)
軒原 浩 (のきはら ひろし)   軒原 浩 (のきはら ひろし) 外来診療日:火(午後)・金(午前)
  専門医・認定医資格など:
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
胸部悪性腫瘍に対する最善の治療を提供するとともに、新たな治療法や新薬の開発を進めています。
 医長 (先端医療科医長 先端医療開発センター新薬臨床開発分野<築地> 併任)
藤原 豊 (ふじわら ゆたか)   藤原 豊 (ふじわら ゆたか) 外来診療日:月・木
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 総合内科専門医
日本内科学会 指導医
日本臨床腫瘍学会 指導医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
がん治療認定医
胸部悪性腫瘍に対する薬物療法および新規抗がん剤の早期開発を担当しています。
 病棟医長 (医療連携室長 人材育成センター副センター長 併任)
堀之内 秀仁 (ほりのうち ひでひと)   堀之内 秀仁 (ほりのうち ひでひと) 外来診療日:火・金(午前)
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 総合内科専門医
日本内科学会 指導医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本呼吸器学会 指導医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本臨床腫瘍学会 指導医
胸部悪性腫瘍を中心とした、呼吸器診療を行っています。
 医員
神田 慎太郎 (かんだ しんたろう)   神田 慎太郎 (かんだ しんたろう) 外来診療日:月・水・金
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 総合内科専門医
日本内科学会 指導医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
肺がんやその他の胸部悪性腫瘍に対する抗がん薬治療、呼吸器疾患の診療が専門です。
 医員 (希少がんセンター併任)
後藤 悌 (ごとう やすし)   後藤 悌 (ごとう やすし) 外来診療日:火・金(午後)
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 総合内科専門医
日本内科学会 指導医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
胸部悪性腫瘍に対する抗がん剤治療を中心とした診療をしています。治療成績の向上のための研究開発も行っています。
 がん専門修練医
板橋 耕太 (いたはし こうた)   板橋 耕太 (いたはし こうた)
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 認定医
胸部悪性腫瘍の診療を主に担当しています。患者さんに最適な治療が提案できるよう、真摯に取り組んで参ります。
 がん専門修練医
白石 英晶 (しらいし ひであき)   白石 英晶 (しらいし ひであき)
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 認定医
胸部悪性腫瘍に対する抗がん剤治療を行っています。患者さんの状態や希望に沿った治療を提供できるように心がけています。
 がん専門修練医
後藤 慶子 (ごとう けいこ)   後藤 慶子 (ごとう けいこ)
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 認定医
主に入院患者さんの診療を担当しています。患者さんがより良い生活を送れるよう、医学的な面からお手伝いいたします。

2.診療について

疾患別検査・治療待ち時間一覧はこちら

外来診療では、呼吸器内科、呼吸器外科、内視鏡科、放射線診断科が、「呼吸器科」として共同診療体制をとり、患者さんの病状に合わせて、診療を分担します。
入院診療では、スタッフ医師をリーダーとする5つの診療チームが患者さんを担当します。診療方針は、呼吸器内科全員で検討します。

呼吸器内科では、化学療法や化学放射線療法など、患者の病状にとって最善の治療を提供します。
患者さんには、病状をありのままにお話しし、選択肢となる各治療法を説明して十分話し合った上で、最適の治療法を決定します。

また、患者さんの病状に合わせて、居住地域の基幹病院や緩和ケア専門施設との連携体制をとっています。

1)診療実績

入院実績(胸部悪性腫瘍新入院患者数)
  2011 2012 2013 2014 2015
非小細胞肺癌 217 240 234 274 350
(腺癌) 170 187 180 192 261
(扁平上皮癌) 29 36 38 52 54
(その他) 18 17 16 30 35
小細胞癌 43 48 36 38 49
胸膜中皮腫 6 2 3 5 7
胸腺癌 5 3 8 8 5
胸腺腫 0 1 1 3 2
その他 0 0 0 0 0
271 294 282 328 413

肺癌入院患者の初回治療内容
  2011 2012 2013 2014 2015
化学療法単独 174 182 167 169 230
術後補助化学療法 25 33 40 53 44
術前化学放射線治療+手術 2 2 1 2 8
化学放射線療法 34 42 40 52 62
放射線療法単独 5 4 1 5 5
緩和療法その他 20 25 21 31 49
260 288 270 312 398

2006年-2010年に当院で初回治療を開始した患者さんの生存率(%)
疾患 病期 治療法 症例数 1年
生存率
2年
生存率
3年
生存率
4年
生存率
5年
生存率
非小細胞肺がん IIIB・IV期
再発
化学療法 601 64 39 22 13 8
非小細胞肺がん IIIA・IIIB期 化学放射線治療 187 84 61 44 34 30
小細胞肺がん 進展型 化学療法 133 58 23 5 5 5
小細胞肺がん 限局型 化学放射線治療 60 87 65 38 32 28

3.研究について

新しい、より有効な治療法の開発は、当センターの重要な使命です。新治療法の臨床試験や新薬の治験にも積極的に取り組んでいます。

患者さんから採取した検体は、患者さんの了承のもと、癌の本態解明や治療効果増強のための研究に利用させていただいています。

日本の肺癌臨床研究は、世界のトップレベルにあり、当科はその中心的役割を占めています。