がん相談対話外来・病理相談外来(セカンドオピニオン)のご案内 << 国立がん研究センター中央病院
中央病院 > 受診と相談を希望される方へ > がん相談対話外来・病理相談外来(セカンドオピニオン)のご案内

がん相談対話外来・病理相談外来(セカンドオピニオン)のご案内

1.がん相談対話外来(患者申出療養を含まない)
2.がん相談対話外来(患者申出療養)
3.病理相談外来


当院のセカンドオピニオン外来は、がん相談対話外来と病理相談外来の2種類があります。

セカンドオピニオン外来は、現在の主治医から提示された診断、治療方針に対して、第三者として専門的相談を行うものです。したがって、当センターで外来診療を行うものではありません。治療ご希望の際には、新たに新患受付を行って受診していただくようお願いいたします。
患者申出療養の相談も、このセカンドオピニオン外来で行います。

これまでセカンドオピニオン外来は、医師のみが対応することが多かったのですが、当院では、必要に応じて看護師やがん専門相談員、精神腫瘍科医なども加わり、患者さんとご家族と対話しながら、あなたのがんの悩みについて答えていきます。ご要望やご質問等がある場合には、遠慮なくお申し出ください。

[ 対象となる方 ]
患者さんご本人、あるいはご本人による「相談同意書」「保険証のコピー」「医師からの紹介状」があればご家族だけでも受診していただくことができます。

[ 対象にならない方 ]
・ 医療過誤および裁判係争中に関する相談
・ 死亡した患者さんの診断・治療に関する相談
・ 診療情報提供書および検査資料を持参できない場合
・ 予約外の場合

病理診断を希望するかどうかによって手続きが異なりますので、予約の際にご注意ください。

「生検でがんの疑いといわれた」「組織診断がはっきりしないといわれた」場合や、病理標本からみてほしい場合には、病理相談外来の手続きをお願いいたします。がん相談対話外来受診時に病理標本を持参されても対応することはできませんのでご注意ください。

(治療をうけた病院の病理診断で十分なことが多いですので、がんの治療の相談には病理レポートを持参していただくだけで十分なことが多いです。)

【患者申出療養を相談する方】
患者申出療養について相談される方は、主治医と相談し、「医師からの紹介状(診療情報提供書)」に申出る治療法も必ずご記載の上、ご紹介元の医療機関からFAXによりお申し込みください。また、患者申出療養の相談は、当センターで外来診療を行うものではありません。なお、ご希望の申出る治療法が、この制度に該当しない場合があることをご了承ください。

【相談外来を予約された方へのお願い】
当センターの相談外来は、その時刻に予約された方だけの専用診察室を使用しております。当日急にご来院できなくなった場合には、お手数ですが、初診予約センター(03−3547−5130)までご一報いただきますようお願いします。

がん相談対話外来・病理相談外来(セカンドオピニオン) 図

1.がん相談対話外来(患者申出療養を含まない)

あなたのがんの状態について最もよく知っているのはあなたの主治医ですが、もしも治療についての悩みや疑問がありましたら、各領域のがんの専門家が、必要に応じて看護師と一緒にこれまでの検査や診断、治療の経過について耳を傾け、今後のがん治療について相談させていただきます。医師には質問できないことなども、看護師に打ち明けてください。これまでの治療について、医師・看護師・患者さん・家族と振り返ります。

1)がん相談対話外来に必要なもの

(1) 保険証またはコピー(保険診療ではありませんが、身分確認のためにご提示ください。)
(2) 診療情報提供書(紹介状)
(3) 画像検査結果(CD・DVD・レントゲンフィルム)
(4) 可能なら病理診断書あるいは病理レポート
(5) 家族のみの場合、家族の身分証と患者さんの「相談同意書PDF

2)料金

自費27,000円

3)予約のしかた

初診受付電話(03−3547−5130)に電話してください。
受付時間は平日10:00〜16:00です。
ただし、次の科はFAXによる手続きが必要です。(→FAX予約の方法)
・ 乳腺・腫瘍内科、泌尿器・後腹膜腫瘍科・小児腫瘍科
FAX申込書の3.診療内容の希望欄で(がん相談対話外来)を選択してください。

4)面談当日

予約時間の60分前までに、初診受付へお越しください。

※ がん相談対話外来のお時間は1時間ですが、医師が診療情報提供書等を確認して報告書を作成する時間もがん相談対話外来のお時間に含まれます。

2.がん相談対話外来(患者申出療養)

患者申出療養とは、保険診療にない医療(まだ標準治療として認められていない段階のもの))について、患者さんの申出を起点に国へ申請し、安全性や有効性を確認する臨床試験として実施する制度です。 当院でこの患者申出療養に該当する可能性がある治療法を申出る場合、まずは現在おかかりの主治医に相談いただき、あなたの病気(がんの種類)が患者申出療養の対象となるかご確認ください。

もし、患者申出療養の可能性がある場合は、紹介元の医療機関から当院のがん相談対話外来(患者申出療養)に予約申込ください。

当院のがん相談対話外来(患者申出療養)では、紹介元の医療機関からの申出療法の情報をもとに臨床試験として実施できるかを検討します。

1)がん相談対話外来に必要なもの

(1) 保険証またはコピー
*患者申出療養は保険診療と保険外診療の併用を認めるもので、健康保険証をお持ちでない場合、本制度の対象となりませんのでご注意ください。
(2) 診療情報提供書(紹介状)*申出る治療法を必ずご記載ください。
(3) 画像検査結果(CD・DVD・レントゲンフィルム)
(4) 可能なら病理診断書あるいは病理レポート
(5) 家族のみの場合、家族の身分証と患者さんの「相談同意書PDF

2)料金

自費27,000円

3)予約のしかた

紹介元の医療機関からのFAXによるお申し込みとなります。
予約申請書を紹介元の医療機関から患者申出療養予約専用FAX番号 (0120−732−111)まで お送りください。
受付時間は平日10:00〜16:00です。
(→FAX予約の方法)
予約日時の決定は紹介元の医療機関にお知らせいたしますので、紹介元の医療機関からのご連絡をお待ちください。

4)面談当日

予約時間の60分前までに、初診受付へお越しください。

※ がん相談対話外来のお時間は1時間ですが、医師が診療情報提供書等を確認して報告書を作成する時間もがん相談対話外来のお時間に含まれます。

3.病理相談外来

他の病院で病理診断がなかなかつかない患者さんは、お問い合わせの上、病理相談外来を予約してください。病理標本をお預かりし、病理診断がついた時点で、病理医と専門科の医師が相談した上で、がん相談対話外来で、今後の治療について相談させていただきます。

1)病理相談外来に必要なもの

(1) 保険証またはコピー(保険診療ではありませんが、身分確認のためにお願いいたします)
(2) 診療情報提供書(紹介状)
(3) 画像検査結果(CD・DVD・レントゲンフィルム)※レントゲンフィルムは面談当日に持参してください
(4) 病理診断書あるいは病理レポート
(5) 病理標本スライド(前医で作成したすべてのスライドをご用意ください)
(6) 可能なら未染色標本スライド・標本ブロック(主治医にお問い合わせください)
(7) 家族のみで相談の場合、家族の身分証と患者さんの「相談同意書PDF

2)料金

自費32,400円 ただし、診断のためにブロックや未染色標本から新たな標本を作製した場合には、追加で10,800円をいただきます。

3)病理相談外来の流れ

(1) 病理標本の提出(1日目)
上記1〜6(レントゲンフィルムを除く)をご用意いただき、初診受付にお越しください。
病理標本提出の受付は14:00〜16:00です。この間に標本および1〜6(レントゲンフィルムを除く)を持ってご来院ください(郵送不可)。手続きを行い、お支払いいただいた後、病理標本を含む紹介状等の資料をお預かりいたします(レントゲンフィルムは面談当日にご持参ください)。
病理検査の結果がでましたら、当センターの予約センターより連絡させていただき、面談の予約をおとりいたします(あらかじめ、ご都合の悪い日をご確認いただいておくと予約がスムーズです)。
(2) 面談日(2日目)
・予約時間の30分前までに、初診受付へお越しください。
・レントゲンフィルムをお持ちの方は、面談の際に担当医へ直接ご提示ください。

※ 病理相談外来のお時間は1時間ですが、医師が診療情報提供書等を確認して報告書を作成する時間も病理相談外来のお時間に含まれます。