血液腫瘍科 << 国立がん研究センター中央病院

血液腫瘍科

1.血液腫瘍科について
2.診療について
3.研究について
     成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)に対するインターフェロンα/ジドブジン併用療法の第III相ランダム化比較試験(JCOG1111) バナー成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)に対するインターフェロンα/ ジドブジン併用療法の第III相ランダム化比較試験(JCOG1111)

1.血液腫瘍科について

 血液腫瘍科長
飛内 賢正 (とびない けんせい)   飛内 賢正 (とびない けんせい) 外来診療日:月(新患)、水(再診)、金(再診)
  専門医・認定医資格など:
内科学会 認定内科医、内科指導医
血液学会 専門医、指導医
がん治療認定医機構 暫定教育医
正確な診断に基づき、標準治療、標準治療変革を目的とする臨床試験、新薬治験を含めて、治療選択肢をお示しし、十分な説明と相談の上で、治療を選択していただきます。
 外来医長
小林 幸夫 (こばやし ゆきお)   小林 幸夫 (こばやし ゆきお) 外来診療日:火(再診)、木・午前(再診)、金(新患)
  専門医・認定医資格など:
内科学会 認定内科医、総合内科専門医、内科指導医
血液学会 専門医、指導医
臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医、指導医
がん治療認定医機構 がん治療認定医

 病棟医長
丸山 大 (まるやま だい)   丸山 大 (まるやま だい) 外来診療日:月(再診)、火(再診)、水・午前(新患・再診)
  専門医・認定医資格など:
内科学会 認定内科医
血液学会 専門医、指導医
臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
がん治療認定医機構 がん治療認定医

 医員 (希少がんセンター 併任)
棟方 理 (むなかた わたる)   棟方 理 (むなかた わたる) 外来診療日:水(再診)、木・午前(新患・再診)
  専門医・認定医資格など:
内科学会 認定内科医、総合内科専門医
血液学会 専門医
臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
がん治療認定医機構 がん治療認定医

 医員
福原 傑 (ふくはら すぐる)   福原 傑 (ふくはら すぐる) 外来診療日:火・午前(新患・再診)、木(再診)
  専門医・認定医資格など:
内科学会 認定内科医
内科学会 総合内科専門医
がん治療認定医機構 がん治療認定医
臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
血液学会 認定血液専門医
患者さんそれぞれの病態、症状に合わせた最善の治療を一緒に相談して考えていきましょう。
 がん専門修練医
蒔田 真一 (まきた しんいち)   蒔田 真一 (まきた しんいち)
  専門医・認定医資格など:
内科学会 認定内科医
がん治療認定医機構 がん治療認定医



 がん専門修練医
豊田 康祐 (とよだ こうすけ)   豊田 康祐 (とよだ こうすけ)
  専門医・認定医資格など:
内科学会 認定内科医


少しでも患者さん方へお力添えできるよう、尽力致します。

 がん専門修練医
山内 寛彦 (やまうち のぶひこ)   山内 寛彦 (やまうち のぶひこ)
  専門医・認定医資格など:
内科学会 認定内科医




 レジデント
川尻 昭寿 (かわじり あきひさ)   川尻 昭寿 (かわじり あきひさ)
  専門医・認定医資格など:
内科学会 認定内科医




 レジデント
川尻 昭寿 (かわじり あきひさ)  田中 庸介 (たなか ようすけ)
  専門医・認定医資格など:
内科学会 認定内科医




 レジデント
油田 さや子 (ゆだ さやこ)   油田 さや子 (ゆだ さやこ)
  専門医・認定医資格など:
内科学会 認定内科医、総合内科専門医
血液学会 認定血液専門医



 レジデント
川尻 昭寿 (かわじり あきひさ)   本田 匡宏 (ほんだ ただひろ)
  専門医・認定医資格など:





 レジデント
大竹 洋平 (おおたけ ようへい)   大竹 洋平 (おおたけ ようへい)
  専門医・認定医資格など:





 レジデント
久保 博之 (くぼ ひろゆき)   久保 博之 (くぼ ひろゆき)
  専門医・認定医資格など:





 レジデント
久保 由起子 (くぼ ゆきこ)   久保 由起子 (くぼ ゆきこ)
  専門医・認定医資格など:
内科学会 認定内科医





血液腫瘍科は造血幹細胞移植科と密接な連携を保ちながら造血器悪性腫瘍の診断と治療を担当しています。過去には、当科は成人T細胞白血病リンパ腫や免疫芽 性T細胞リンパ腫の疾患概念の確立に重要な役割を果たした実績を有しています。細胞表面マーカーおよび遺伝子検索をいち早く臨床の場に導入し、標準治療確立のための多施設共同臨床試験体制の確立や新薬導入のための臨床試験の連続的実施などによって、血液腫瘍患者の診療の進歩に新たな貢献をしています。

2.診療について

疾患別検査・治療待ち時間一覧はこちら

1997年から2004年までは新患患者数は増加し続けましたが、その後は人的および施設面での制約により横ばい状態です。それでも年間約250〜300名の 悪性リンパ腫の新患数は国内最多の施設の一つで、世界でも屈指の数です。これだけの多数の患者さんでも血液腫瘍科内では統一した診療方針が貫かれています。入院中の患者さんだけではなく、外来通院中の患者さんについても診療科としての治療方針を決定するために、毎週、カンファレンスが開かれ、スタッフ全員の目が通されます。さらに悪性リンパ腫では初診の患者さんの病理診断および治療方針決定を目的に毎週カンファレンスが開かれ、病理医、放射線診断医、放射線治療医の参加のもとで統一的な治療方針が決定されます。また、これらのカンファレンスは、若手医師にとっては格好の教育の場になっています。造血幹細胞移植科のカンファレンスにも血液腫瘍科のスタッフ・がん専門修練医・レジデントが出席し、移植適応などに関してさまざまな角度から共同で検討します。

血液腫瘍科 年次別疾患別新患患者数
  2011年 2012年 2013年 2014年
急性骨髄性白血病 13 12 7 9
急性リンパ性白血病 1 1 6 3
慢性骨髄性白血病 2 2 2 3
骨髄異形成症候群 3 3 6 3
ホジキンリンパ腫 16 15 13 9
非ホジキンリンパ腫 243 172 193 151
成人T細胞白血病リンパ腫 6 6 4 10
慢性リンパ性白血病 1 4 1 1
多発性骨髄腫 10 7 8 3
原発性マクログロブリン血症 2 1 0 0
合計 297 223 240 192

血液腫瘍科 治療成績(疾患別)
疾患名 完全寛解率 生存率 当院からの登録患者数 患者登録年代 臨床試験名
急性骨髄性白血病 81% 40% (4年) 6 1996 - 1997 JALSG-AML 95
79% 47% (5年) 15 1998 - 2001 JALSG-AML 97
78% 57% (5年) 13 2002 - 2006 JALSG-AML 201
急性前骨髄球性白血病 95% 86% (4年) 2 1998 - 2002 JALSG-APL97
95% 89% (5年) 2 2004 - 2011 JALSG-APL 204
治療関連白血病 75% 40% (3年) 16 1996 - 1999 NA
急性リンパ性白血病/リンパ芽球性リンパ腫 83% 31% (7年) 14 1991 - 1994 JCOG 9004
81% 28% (7年) 10 1994 - 1999 JCOG 9402
急性リンパ性白血病 74% 32% (5年) 8 1998 - 2001 JALSG-ALL 97
未確定 未確定 9 2003 - 2010 JALSG-ALL 202
慢性骨髄性白血病 未確定 未確定 1 2008 - 2010 JALSG-CML 207
ホジキンリンパ腫 79% 89% (5年) 7 1993 - 1997 JCOG 9305
72% 92% (2年) 6 1998 - 2000 JCOG 9705
中高悪性度非ホジキンリンパ腫(高危険群) 56% 42% (4年) 2 1995 - 1998 JCOG 9505
中高悪性度非ホジキンリンパ腫(高危険群) 50% 49% (5年) 6 1995 - 1997 JCOG 9506
中高悪性度非ホジキンリンパ腫(低危険群) 79% 69% (5年) 19 1996 - 1999 JCOG 9508
中高悪性度非ホジキンリンパ腫(全危険群) 64% 56% (8年) 55 1999 - 2002 JCOG 9809
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(全危険群) 未確定 未確定 49 2008 - JCOG 0601
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(高危険群) 未確定 未確定 16 2008 - JCOG 0908
マントル細胞リンパ腫 未確定 未確定 5 2008 - JCOG 0406
低悪性度B細胞リンパ腫 66% 94% (5年) 52 2002 - 2007 JCOG 0203
成人T細胞白血病リンパ腫 36% 31% (2年) 6 1994 - 1997 JCOG 9303
33% 18% (3年) 6 1998 - 2003 JCOG 9801
限局期NK/T細胞リンパ腫 77% 77% (2年) 8 2003 - 2007 JCOG 0211
多発性骨髄腫 50%(全奏効率) 50% (4年) 10 1993 - 1998 JCOG 9301
50%(全奏効率) 63% (2年) 9 2002 - 2005 JCOG 0112
〃(再発・再燃例) 未確定 未確定 7 2009 - JCOG 0904
(血液腫瘍は種類が多く、疾患単位ごとの患者数が少ないため、以上の治療成績は当院が参加している多施設共同臨床試験の成績です)

血液腫瘍科は血液検査も担当しており、骨髄血、末梢血液の細胞形態を顕微鏡で検査するだけでなく、治療方針の決定に重要な細胞表面マーカー検索やがん細胞の遺伝子検索も担当しています。これらの検査も、最終的には検査技師を含む複数のスタッフの目で確認されるシステムを採用しています。

3.研究について

当院においては、がん細胞の免疫学的形質だけでなく、PCR法、FISH法といった分子遺伝子学的検索も行って、t(8;14)、t(14;18)、 t(11;18)、t(9;22)、t(8;21)、t(15;17)といった疾患に特徴的な遺伝子異常を検出することにより、正確な診断に基づく適切な治療選択につなげています。また、新たな研究として、B細胞リンパ腫におけるがん抑制遺伝子を同定し、その意味づけに関する研究を進めています。

新たな治療薬の開発と平行して、試験管内で抗がん剤の有効性、耐性、毒性などに関する検討を分子標的薬について行っています。

新薬試験、臨床試験

現在わが国で市販されている血液腫瘍に対する抗腫瘍剤のほとんどすべてが当院血液腫瘍科で開発的な臨床試験が行われたものです。新規分子標的薬であるPCI-32765は、B細胞刺激シグナルの特異的な阻害剤で、B細胞性腫瘍の患者さんを対象とした臨床試験において明らかな有効性が確認されています。成人T細胞白血病リンパ腫などのT細胞腫瘍に対する抗CCR4抗体(モガムリズマブ)はわが国の製薬企業と研究機関の研究者の共同研究によって開発された新規抗体薬で、成人T細胞白血病リンパ腫の患者さんに対する臨床試験において明らかな有効性が確認され、世界に先駆けて2012年にわが国で承認されました。その他、多くの分子標的薬、抗体薬の臨床試験に精力的に取り組んでいます。

新薬だけではなく、市販の薬剤を他の抗がん剤や放射線治療と併用するなどして、標準的治療の開発をめざした臨床試験にも精力的に取り組んでいます。当院は、JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)あるいはJALSG(日本成人白血病研究グループ)の中核的な施設であり、臨床試験プロトコールの計画立案段階から参画し、指導的役割を果たしております。

成人T細胞白血病リンパ腫に対してJCOGによる多施設共同臨床試験を連続的に行い、第 III 相試験(JCOG9801)により標準治療を確立しました。また、鼻咽頭原発限局期NK/T細胞リンパ腫に対する化学療法と放射線療法の同時併用の第 I / II 相試験(JCOG0211-DI)により標準治療を確立しました。これらの臨床試験結果に関する論文は、米国臨床腫瘍学会が発行するJournal of Clinical Oncologyというがん治療の一流医学雑誌に掲載され、世界のリンパ腫治療の進歩に貢献することができました。

わが国のみならず世界の血液腫瘍患者の治療成績の更なる向上をめざして、診療・研究・教育における努力を続けています。